キャンパストピックス

バックナンバーへ

「月島学生工房」 次回活動のお知らせ

 明治学院大学は、中央区の月島地区をモデル地区としてとりあげて、学生から見た月島の地域社会を調査研究するために、「月島学生工房」の活動を立ち上げました。
月島学生工房は、街歩き、ワークショップを開催したり、地域の活動に参加して、月島の魅力を再発見するとともに、商店街や地域住民と交流して、地域づくりの意見やアイデアを整理します。この活動を通じて、月島の住民、まちづくりリーダーや住民グループとの交流を深め、まちづくり提案を作成して、町の商業者、住民に提案するとともに、将来的には地域と大学が連携して、学生による商店街サテライトキャンパスの導入を検討して、地域づくりを継続的に支援することを検討します。
東京の都心である中央区の月島、佃地区では、高層マンションの開発が急増して、新たに転入する住民が増加したことから、地域社会は大きく変貌しています。月島の商店街は、子どもから高齢者まで、あらゆる年齢層の住民が、安心して快適な時間を過ごすことのできる、生活に密着した地域の商店街でしたが、近年は「もんじゃ焼」の商店街として全国に知られています。
 月島学生工房は、明治学院大学が中央区との協議のうえ、月島の地域団体(商店街、町内会など)などと連携して推進します。


月島学生工房ホームページ
http://www1.meijigakuin.ac.jp/~tgkiwa/

社会学部


Back