キャンパストピックス

バックナンバーへ

「月島学生工房」のご案内
—月島のまちづくりを考える明治学院大学の学生ワークショップ−

 明治学院大学は、中央区の月島地区をモデル地区として取りあげて、学生から見た月島の地域社会を調査研究するために、「月島学生工房」の活動を立ち上げた。
月島学生工房は、街歩き、ワークショップを開催したり、地域の活動に参加して、月島の魅力を再発見するとともに、商店街や地域住民と交流して、地域づくりの意見やアイデアを整理する。この活動を通じて、月島の住民、まちづくりリーダーや住民グループとの交流を深め、まちづくり提案を作成して、町の商業者、住民に提案するとともに、将来的には地域と大学が連携して、学生による商店街サテライトキャンパスの導入を検討して、地域づくりを継続的に支援することを検討する。
東京の都心である中央区の月島、佃地区では、高層マンションの開発が急増して、新たに転入する住民が増加したことから、地域社会は大きく変貌している。月島の商店街は、子どもから高齢者まで、あらゆる年齢層の住民が、安心して快適な時間を過ごすことのできる、生活に密着した地域の商店街であったが、近年は「もんじゃ焼」の商店街として全国に知られている。
 月島学生工房は、明治学院大学が中央区との協議のうえ、月島の地域団体(商店街、町内会など)などと連携して推進する。

□ 活動主体:明治学院大学社会学部社会学科岩永ゼミ(26名)
□ 活動テーマ:1980年代、90年代におけるコミュニティの変容
      −月島地区の“もんじゃ”を通じた下町化をめぐって−
□ 活動期間:平成17年6月 - 平成18年2月
□ 次回活動:7月9日(土)午後1時 - 5時まで月島の街歩きワークショップを開催。
□ 問合せ先:
明治学院大学社会学部 助教授 岩永真治
108-8636東京都港区白金台1-2-37
Email:iwanagas@soc.meijigakuin.ac.jp

社会学部


Back