明治学院礼拝堂(白金チャペル)

1903年(明治36年)建築のミラー記念礼拝堂が度重なる地震のため地盤沈下し破損、危険となったため、サンダム館2階の講堂が礼拝堂として使用されていた。ところが、1914年(大正3年)11月24日にこのサンダム館も火災のため焼失し、学院は礼拝を行う場所を失った。そこで礼拝堂の建築が急がれた。井深梶之助総理(総理=現学院長と同じ意味)とインブリー博士は、理事会に諮り建築資金の調達に奔走。米国プレスビテリアン、リフォームドの両ミッションに上申書を送り援助を懇請した。その結果セベレンス氏からの寄付があり、それが資金に当てられた。

ミラー記念礼拝堂の前例があるので、特に基礎工事を堅固にし、1915年(大正4年)11月30日に定礎式を行い、当時来日中のプレスビテリアン外国伝道局主事スピーア博士が礎石をすえた。工事は順調に進行し、翌1916年(大正5年)3月落成。同月27日には卒業式をかねて献堂式が行われた。延べ床面積は589平方メートル。建築様式は英国式、設計はヴォーリス建築設計事務所であった。

その後、学生数の増加に伴い狭隘となったので1920年代の末に両袖を拡張、十字架型とし、さらに講壇の一部を改造した。1966年(昭和41年)2月19日に、ドイツ・ヴァルカー社製作のパイプオルガンが設置され、荘重な響きを伝えている。

1999年から同窓生の結婚式にも貸し出されることとなり、ここを挙式の場に選ぶ同窓生も増えている。
問い合わせ:(株)明治学院サービス Tel.03-5421-1555

※2009年10月末まで、パイプオルガン搬入・設置工事を行っております。



Back