ヘボン塾朝稽古

ヘボン塾朝稽古は、2010年度から明治学院大学で始まった授業が始まる前の早朝を利用して「学生が学生を育てる」取り組みです。

就職内定をとった4年生がリーダーとなり、後輩の学生たちがメンバーとなってグループを作り、各グループ対抗で、企画を作りあげていきます。

※ヘボン塾朝稽古について

2011年度ヘボン塾朝稽古イベント結果発表

2012年2月23日にご来場いただいた皆様ありがとうございました。当日来場した高校生からの評価をもとに、最優秀賞および特別賞が決定しました。

【最優秀賞】グループ4
20分 先どり明学大生!―部活とサークルと充実と―
→来場者からの得票数が一番多かったイベントです。大学生活の魅力を、「多くの人と出会うことがとても重要だということ」を、「クラブ活動」に焦点をあてて伝えてくれました。

【特別賞】グループ3
留学しようぜ特別企画!公開生放送!
「ヘボンプレゼンツ ☆学費のモトを取っちゃえThursday☆」
→ヘボン塾朝稽古を一緒にやってきたグループメンバーからの投票が一番多かったイベントです。「支払う学費以上に大学を活用するということ」を、「留学」というテーマに焦点をあてて伝えてくれました。

各グループがそれぞれの切り口で大学の魅力を伝えることにチャレンジしてくれました。

グループ1
きっかけ探しにアンテナはってみませんか?
→「ちょっとしたきっかけがとても重要だということ」を、実際の明学大生を通して伝えてくれました。

グループ2
かんがえるひと。
→「高校と大学の授業の質の違い」を、ある1つの問題を通して伝えてくれました。

グループ5
「迷学(めいがく)ライフ―もし高校生が目的意識を持って大学生活を過ごしたら―」
→「目的意識を持つことがとても重要だということ」を、実際の明学大生を通して伝えてくれました。

グループ6
STAAAAAART!!
→「4月のスタートダッシュがとても重要だということ」を、「友達づくり」と「履修」の両面から伝えてくれました。

2011年度ヘボン塾朝稽古は終了しました。次年度以降の開催は未定ですが、大学生が大学生を育て、何かを伝える企画を作り上げていく中で成長していくこのような取り組みは、形を変えたとしても明治学院の伝統としてこれまでも、そしてこれからも続いていくことと思います。

※2011年度ヘボン塾朝稽古概要