インブリー館(国指定重要文化財)

明治学院がこの白金の地に開校したのは1887年(明治20年)9月15日であるが、この頃の建物の建築状況を見ると、開校までに普通学部校舎及び講堂のサンダム館と同部寄宿舎のへボン館が建築されていたようである。

一方、構内の西北隅(いまの高校校舎あたり)に3棟、また構内東南隅2棟の西洋館が相次いで建てられた。当時学院で教える宣教師たちが住んでいた築地居留地は学院まで通うにはあまりに遠すぎるので、開校と前後して宣教師の住居を準備する必要があったからである。

島崎藤村が小説『桜の実の熟する時』のなかで、「‥向ふの講堂の前から敷地つづきの庭へかけて三棟並んだ西洋館はいづれも捨吉が教を受ける亜米利加人の教授達の住居だ。白いスカアトを涼しい風に吹かせながら庭を歩いて居る先生方の奥さんも見える……」と書いている西洋館は、西の道路寄りから1号館、2号館、3号館と呼ばれ、東南隅の3棟が4号館、5号館であった。このうち奇数番号にプレスビテリアン(長老派)、偶数番号にリフォームド(改革派)の宣教師たちが住んだ。

この建物は、いわゆる5号館でW.インブリー博士が長年住んだので『インブリー館』と呼ばれた。1889年(明治22年)頃の建物で、木造瓦葺2階建て、建坪は1・2階ともで延371.5平方メートル。建築様式は1870年代アメリカで流行した木造住宅様式。1964年(昭和39年)に国道1号線の拡幅に伴ない現在地に引屋した。1997年、修復が完成した。

インブリー館は洋風住宅の特徴を最も良く示す宣教師館としては、貴重な存在であり、その価値において全国的にも1・2を争う建築物である。1998年、国の重要文化財に指定された。


インブリー館に関する話題