広報委員ブログ

学生広報委員によるブログです。大学の旬な情報をお伝えしていきます!

8/27白金オープンキャンパス模擬授業紹介 <英文学科>

8/27白金オープンキャンパスで行われる模擬授業から今回は、英文学科を取り上げます。
オープンキャンパス事前情報では、担当の先生と授業タイトルしかわからないところを、学生広報委員が模擬授業担当の先生にお話を伺わせていただき、少しだけ内容を教えていただきました!




平岩先生

文学部 英文学科
平岩 健先生

Q.先生の出身地を教えてください。
A. 愛知県です。アメリカにも住んでいました。

Q.趣味を教えてください。
A.最近はカメラにハマっています。

Q.英文学科ではどういったことが学べるのですか?
A.英文学科では、アメリカ文学、イギリス文学、言語学が学べます。
言語学というのは、ことばを科学的に分析していく学問です。

Q.先生が言語学(英語)に興味を持ったきっかけを教えてください。
A.高校生の時、英語で言語学のことを読んで興味は持っていましたが、大学生の時受けた言語学の授業で「ことばを科学的に見るなんてすごく面白い!」とさらに興味を持ちました。

Q.模擬授業「ことばの科学~AKBから脳のしくみまで~」は、どういった内容の授業ですか?
A.大学1年生に行っている入門授業の面白いところをピックアップしてお話ししたいと思います。
例えばとても身近なAKBをよく見つめてみるとびっくりするようなことばの法則が見えてくるんです。
また日本語、英語の他に、世界には6千~8千の言語がありますが、そのいろいろな言語も混ぜながらお話しします。

Q.当日、どんな受験生に来てほしいですか?
A.文学に興味がなくても、英語に興味がなくても、どんな人が聞いても面白い授業なので、多くの受験生に来てほしいです。
そして、英文学科では文学に加えて言語学も学ぶことができることもわかると思います。
面白い授業なので参加してみてください。
「まだ解明されてないことがあるんだ!」と驚くことがあると思います。



【取材後記】
平岩先生とは初めてお会いしたのですが、とても優しい先生で楽しく取材させていただきました。
また、平岩先生の研究室に入ってビックリ!写真でも少し雰囲気がわかると思いますが、研究室というより部屋の様で、面白そうなものがいっぱいありました。
そんな先生の模擬授業、私も受けたいと思うほどお話を聞いていて楽しそうでした。
ぜひ受験生のみなさん参加してみてくださいね。




いかがでしたか?
次回は、個別相談コーナーを取り上げます。
お楽しみに。

政治学科4年 滋野藍