広報委員ブログ

学生広報委員によるブログです。大学の旬な情報をお伝えしていきます!

明治学院大学生をご紹介! Part.1

こんにちは!いつも学生広報委員ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
この夏、7月から8月にかけて明治学院大学ではオープンキャンパスが開催されています!
今回から2回にわたり、受験生に少しでも明治学院大学生のことを知ってもらうため、明治学院大学の先輩たちが普段どんな勉強をしているのか紹介していきます。

はじめに紹介するのは、心理学部心理学科3年の加東友里奈さんです。
加東さんは現在心理学部のSC(スチューデント・カウンセラー)としても積極的に活動しています。



Q. 心理学科の雰囲気を教えてください。
A. 授業中はみんな真面目に受けていますが、授業以外では学校生活を全力で楽しんでいる人が多いと思います。他学科に比べて、良い意味で落ち着いた感じの人が多い気がします。


Q. 学科で特に印象に残っている授業はありますか?
A. 1年次に履修した「心の健康」です。心理学の基本的知識を日常に応用させるという点が魅力です。授業を通して、対人関係が楽になったり、苦手なものに対する考え方や取り組み方が変わったり、自分を客観的に理解できるようになりました。


Q. 将来の夢はなんですか?
A. カウンセラーの資格を取って、心理学科での学びを生かして人の役に立てるような仕事に就きたいと考えています。心理学は人を幸せにできる素敵な学問であると先生から教わったので、悩みを抱えている人の支えになりたいと思っています。


Q. 最後に、受験生に一言お願いします。
A. 心理学科と聞くと、カウンセリングなどをイメージしがちですが、明治学院大学は教員数が多く専門分野も幅広いため、様々な角度から心理学を学べると思います。



心理学部心理学科紹介ページ

心理学部オリジナルウェブサイト


続いて、文学部芸術学科3年の前田祐希さんを紹介します。
前田さんは、企画・準備・運営に携わるSC(スチューデント・カウンセラー)としてフレッッシャーズキャンプに参加したり、白金祭実行委員の企画局に所属し校内イベントを盛り上げたりと活躍しています。

Q. 芸術学科の雰囲気を教えてください。
A. とにかく個性的な子が多いです!常にお互いの好きなものに感化されて視野を広げています。芸術というと絵画のイメージが強いかもしれませんが、音楽や映画に演劇など、さまざまな分野について学べるのが芸術学科の魅力です。


Q. 学科で特に印象に残っている授業はありますか?
A. 望月 京(もちづき みさと)先生の「音楽分析演習」という授業です。この授業では実際に音楽を聞いて、作家や時代背景、音の特徴や技法を学び、さまざまな音楽を分析します。クラシックやロックなど、幅広く音楽を分析できるのでとても面白いです。


Q. 将来の夢はなんですか?
A. 具体的に「これがしたい!」というものはまだ決まっていないのですが、利益を目的として仕事するのではなく、芸術を通して誰かに喜んでもらえるような仕事がしたいと思っています。


Q. 最後に、受験生に一言お願いします。
A. 芸術学科は、芸術を享受する側の視点に立って芸術を見つめることによって新たな発見がある、そんな学びがいのある学科だと思います。芸術に興味のある方はぜひ、足を運んでみてください!


文学部芸術学科紹介ページ
芸術学科オリジナルウェブサイト


実際に明学生の声を聞いてみていかがだったでしょうか?
学科によって学生の特徴が異なるのはもちろん、充実した学校生活を送る中で新たな考え方を得られたり、自分の視野を広げられたりするなど貴重な体験をしていることが話を伺う中で知ることができました。それでは次回もお楽しみに!

今回のブログは以下のメンバーが担当しました。
学生広報委員:望月俊希(英文3年)、中野祐美(芸術3年)、宇都宮愛理(心理3年)