広報委員ブログ

学生広報委員によるブログです。大学の旬な情報をお伝えしていきます!

明治学院大学の先生をご紹介!<国際学部 勝俣誠先生 編>

こんにちは!学生広報委員ブログをご覧頂きありがとうございます。
今回からは3回に渡り、明治学院大学で教鞭をとられている先生方についてご紹介します。
研究のことだけでなく、先生方のプライベートな面にも迫っていきます。
様々な学部の先生が登場しますのでお楽しみに!

第1回目は国際学部の勝俣 誠先生です。
勉強になるお話はもちろんのこと、“毎日がお祭り気分”という先生の楽しい毎日についても伺うことができました!

まずは、先生の研究分野について詳しく聞いてきました!

学生広報委員ブログ「明治学院大学の先生をご紹介!」勝俣誠先生


Q. 先生の研究分野について教えてください。
国際政治経済学とアフリカ地域研究が専門です。
グローバル経済におけるパワーとマネーのせめぎあい、また、先進国と途上国の開発格差といった南北問題についても研究しています。 

Q. 研究を始められたきっかけは何ですか?
学生時代、ベトナム戦争に反対していて、貧しい国に行って勉強をしたいと思っていました。
この研究を始めたきっかけは経済学を学んでいたことでしたが、文化や歴史について学ぶことも大切なことだと思い、東南アジアやヨーロッパを周り様々な地域の人々と触れ合ったこともきっかけの1つです。


Q .研究されている分野の魅力的なところを教えて下さい。
自分と異なる他者の考えを知り、様々な人のあり方を学ぶことができるところですね。
ゼミで学生から意見を聞くことで、教員である私自身も日々、学ぶことができています。

Q. どんな人におすすめの研究分野ですか?
どんな人にもおすすめです。
ただ、私が大切にしているのは、複数で「考える」ことであって、みなさんには「考える」ためのツールを与えているに過ぎません。
つまり、必ずしも就職に直結することばかりを教えているのではないということです。 


勝俣先生のお話を聞いて、自分の興味にしたがって広い視野で物事を考えることが大切なのだと思いました。
大学生という、自由に時間を使える今だからこそ多くの経験を積むようにしたいと感じさせられました。
続けて、先生の素顔に迫るべく、プライベートについてお話をお聞きしました! 

Q. 先生の趣味をぜひ教えてください!
読書や料理を作ることが好きです。特に料理は和食、洋食、アフリカ料理など何でも作れます。
料理を作って人が喜んだり楽しんだりしている姿を見るのが好きですね。

Q. 休日はどのように過ごされていますか?
私には休日という概念が無いです。毎日が休日ないしお祭りという気分です。

Q. おすすめの映画があれば、ぜひ教えてください。
『ハンナ・アーレント』をぜひ見てください。すごく良い映画ですよ。
人間は考えなくなったら人間ではないという、考える事の大切さを教えてくれる映画です。


プライベートだけでなく、大学においてもゼミ生の方々と楽しく過ごされているご様子で、思わず先生のゼミに入りたくなってしまいました!
また、国際学部事務室前には、勝俣先生が生けられた生花の作品も展示されています。
ぜひ、ご覧ください。 (展示の様子 http://fis.meijigakuin.ac.jp/ks-j/information/staff/flower)

最後に、明治学院大学への先生の思いを語っていただきました。

Q. 明治学院大学の長所や短所を先生はどのように考えてらっしゃいますか?
明治学院大学の良い所としては、就職のために役に立つようなことばかりを教えているのではないということ。
対して、もっと頑張って欲しいと思う所は、そのような目先の見かけ倒しの学びに対して抵抗して欲しいということです。
明学生に対して就職やキャリアに役立つことだけを教えるような“お客様キャンパス”にはなって欲しくないですね。


いかがでしたか?
勝俣先生は、「考え続ける」ことが大切であるということを繰り返しおっしゃっていました。
大学生の私たちに限らず、誰もが大切にしなくてはいけないことだと思います。
皆さんもぜひ「考える」ことを大切にしてください。
それでは、次回以降の配信もお楽しみに! 

今回の記事は、立花加奈子(消費情報環境法学科2年)が担当しました。