広報委員ブログ

学生広報委員によるブログです。大学の旬な情報をお伝えしていきます!

明治学院大学の先生をご紹介!<経済学部 佐々木百合先生 編>

こんにちは!先生をご紹介シリーズの第2回目です。
今回は、経済学部の佐々木百合先生です。
佐々木先生はテレビ番組にご出演されたり、大学のパンフレットにも授業の様子が載っていたりするので、受験生の皆さんの中にも、もしかしたらご存じの方がいらっしゃるかもしれません。

まずは佐々木先生の研究分野についてお話を伺いました!

学生広報委員ブログ「明治学院大学の先生をご紹介!」佐々木百合先生


Q. 先生の研究分野について教えてください。
金融論と国際金融論が専門です。銀行への規制が銀行に与える影響や、為替相場が輸出入価格にどのように影響しているのかなどを、データを使って実証研究しています。

Q. 研究を始められたきっかけは何ですか?
もともと数学や物理などの理系科目が好きだったので、論理性があり数学的に整理して考えられる経済学を学び始めました。その中でも特に為替や貿易収支に興味をもちました。
政治的にみると貿易収支が黒字の国は叩かれやすい傾向にありますが、経済学で純粋に考えると黒字と赤字は良いことなのか悪いことなのかをわかるようになりたいと思ったのが、今の研究を始めたきっかけです。


Q .どんな人におすすめの研究分野ですか?
数学やグラフの問題を解くのが好きだけれど、現実の社会の問題について知りたいという人におすすめです。
経済学では、起きている問題をただ知るだけでなく、そのメカニズムを学ぶことができます。

Q.先生のゼミではどのようなことを学ぶことができますか?
金融や国際金融に関して実際に問題になっているトピックスについて学んでいます。
例えば最近では、アベノミクスや消費税が上がることで経済効果はあるのかどうかについてディベートをしたりしています。

次は、普段なかなか知ることのできない佐々木先生のプライベートについてお話を伺いました。

Q.授業以外の時間は何をなさっているのですか?
大学内の会議に出たり、授業の準備をしています。また学会や研究会などに出席して自分の研究を発表したり、他の人と進めている研究の勉強をしたりします。
そのほか、論文を書いたりもしています。論文は、作成に2~3ヶ月かかるものもありますので、常に締め切りに追われていることが多いですね。

Q.休日はどのように過ごされますか?
今は家族と過ごすことが息抜きになっています。一緒にテニスをしたり、旅行に行ったりしています。

Q.先生の趣味を教えてください!
中学・高校・大学とずっとロックバンドをしていました。担当はエレキギターやボーカルです。
そのため日本のロックバンドが好きでライブに行ったりもします。今は忙しいですが、時間に余裕ができたらまた自分自身でバンドをやりたいですね。

Q.好きな本は何ですか?
もともと世の中の不思議なことに興味があったのですが、小学生の時に『時をかける少女』という小説を読み、SFというジャンルが好きになりました。
また最近は息子の影響で『進撃の巨人』という漫画を読んでいるのですが、今ではすっかり私のほうがハマっています。

普段の授業の時の佐々木先生からは想像できない、意外な面をたくさん知ることができました!

そして最後に明治学院大学について、先生に伺いました。

Q. 明治学院大学の長所や短所を先生はどのように考えてらっしゃいますか?
明治学院大学は「東京近郊のローカル大学」という気がします。全国的な知名度はやや低めかもしれませんが、東京近郊の学生が多いせいか、明学独特の文化があると感じます。
これからも明学らしさを失わずに、もっとローカルに即した大学になってほしいですね。


インタビューの最後に佐々木先生は、「明治学院の学生はとても素直。まだ磨かれていない良い面を持っている人が多く、そういった人をもっと磨いて、〝もっと輝けるんだよ″ということを教えてあげたいですね。」とおっしゃっていました。
いつも優しい雰囲気で素敵な佐々木先生。優しいだけでなく、とても学生想いの先生であることが分かり感激してしまいました。
それでは、次回以降の配信もお楽しみに!

今回の記事は、猪嶋李佳(経済学科4年)が担当しました。