ジャン=ピエール・ルヴェ教授(リモージュ大学)への
名誉博士学位授与式が挙行されました
リモージュ大学と本学との長年にわたる交流に対する多大な貢献と優れた学術上の業績に鑑み、本学は10月26日、ジャン=ピエール・ルヴェ教授 【リモージュ大学教授・フランス大学評議会(西洋古典学部門)議長】 に名誉博士学位を授与いたしました。

授与式は白金校舎のチャペルで行われました。
フランス大使館及び愛知県瀬戸市からの来賓を迎え、荘厳な雰囲気の中、大塩学長からルヴェ教授へ名誉博士学位が授与されました。

会場のチャペル 管弦楽団による奏楽

ルヴェ教授からは、フランス語でこれまでの本学とリモージュ大学の歩みについてお話があった後、日本語でも 下記のご挨拶がありました。

「明治学院大学とリモージュ大学の交流が続くことを祈りながら、心から感謝の気持ちをお伝えいたします。」

ルヴェ教授 大塩学長とルヴェ教授


授与式の後は、レセプションが行われました。

レセプション会場での記念撮影


ジャン=ピエール・ルヴェ教授、リモージュ大学についてはこちらをご覧下さい。