『広告批評』2006年10月号で本学のブランディングプロジェクトが特集されました

 
 

約2年に及ぶ本学のブランディングプロジェクトが、 10月5日発売の『広告批評』2006年10月号で紹介されています。 2004年冬の発足から現在に至るまで約2年間、さまざまな会議や製作現場を密着取材した、詳細なレポートが掲載されています。

 

佐藤可士和氏と天野祐吉氏の特別対談や大塩武学長のインタビューも盛込まれ、なぜ大学にブランディングが必要か?という視点から、 ブランディングプロジェクトが、外部からの視点でどのように見られているか? 大学のブランディングとはどういうことか? といった所まで、独自の視点で解説されていきます。

 

約2年間の第一段階、そしてこれからの構想やアイデアも示唆された内容で、大学関係者、広告関係者のみならず注目の特集です。ぜひご覧下さい

 

お問い合わせ 広報室広報課

ブランディングプロジェクト

広告批評Webサイト http://www.kokokuhihyo.com/


『広告批評』2006年10月号表紙