法律学教育IT活用研究委員会(委員長:吉野一法科大学院教授)の研究グループが、全国大学IT活用教育方法研究発表会にて文部科学大臣賞(最優秀賞)受賞

 法律学教育IT活用研究委員会が、平成18年度全国大学IT活用教育方法研究発表会にて文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞しました。これまでの知識詰め込み型の教育方法ではなく、プロブレムメソッド方式、ディスカッションメソッド方式を導入した点を高く評価されました。

 タイトル:「事例問題に基づく法律知識ベースと論争システムを活用した法創造教育」
※論文誌「IT活用教育方法研究」(私立大学情報研究協会刊)に掲載されています。

 研究グループ
 吉野 一   明治学院大学法科大学院教授
 加賀山 茂  明治学院大学法科大学院教授
 櫻井 成一朗 明治学院大学法科大学院教授
 新田 克己 東京工業大学教授
 鈴木 宏昭 青山学院大学教授
 太田 勝造 東京大学教授

 受賞理由:本研究は、即戦力となる問題解決能力の育成を目指した取り組みである。これまでの知識詰め込み型の教育方法では、実践応用的な問題解決能力を育成することが困難なことから、これを改善するため、プロブレムメソッド方式を導入し学生が主体的に学べるとともに、ディスカッションメソッド方式により相互評価を通じて学生全員の理解力を養える完成度の高い教育支援システムを開発した。特徴的な機能としては、現実的な事例問題を解かせる中で必要な知識を学生自らの力で獲得させる「法律知識ベースシステム」や、サイバー上の模擬裁判での論争、評価を通して思考能力を高める学生参加型の「論争システム」があり、学生の能力向上に大いに効果を発揮している。本研究は、知識の体系化や思考訓練が必要な他分野の教育においても応用でき、教育的意義が大きいと言える。

 IT活用教育方法研究発表会は、主に大学・短期大学における学生を対象とした、ITを活用 した教育方法の実践的・実証的な成果を発表いただくことを特徴としています。 したがって、通常の学会発表で必要とされるような個別学問領域の特定課題の研究成果ではなく、学問のジャンルを問わず、教育方法の改善を図るための教育実践に基づいた発表を対象としております。

 全国大学IT活用教育方法研究発表会