明治学院大学の教育目標と改革プラン

学長 大塩 武

 明治学院大学の創設者であるヘボンの生涯を貫く信念は、新約聖書の言葉“Do for others what you want them to do for you.”そのものです。他者を想う“Do for Others”というヘボンの生涯を貫く信念は、創設以来143年間、教育理念として、キャンパスで生活する私たちを絶えず見守り導いてくれました。明治学院大学で学んだ卒業生、そして学生に接していただければ、その教育理念がキャンパスに生活したひとりひとりの人生に息づいていることを知っていただけるはずです。
 ヘボンが誕生したのは1815年ですが、この19世紀のはじめに、世界で最初の産業革命がイギリスで展開しつつありました。産業革命以来、人類は、高速、高温、高圧という物理的なプロセスを基礎とする産業の発展を目差してきましたが、その当然の帰結として、人類はいまや地球環境の悪化をはじめとする様々な困難に直面するに至ったことはご存知の通りです。実は、このようなときにこそ、私たちは、他者(ひと)を想い、お互いに助け合いながら生活するという人間の根源的な関係を改めて意識したいと思います。
 翻ってみれば、他者(ひと)との関係で人間の存在の意味を問いかける私たちの大学の教育理念“Do for Others”こそ、人類が切り開くべき地平の可能性を指し示しているはずです。
 私たちは明治学院大学の教育理念に誇りを持ち、この教育理念を実現するために全力を傾けています。この目標を実現しようとしている6学部13学科と大学院11専攻の教育目標と当面の改革プランを紹介します。

文学部       英文学科   フランス文学科    芸術学科
経済学部 経済学科 経営学科 国際経営学科
社会学部 社会学科 社会福祉学科
法学部 法律学科 消費情報環境法学科 政治学科
国際学部 国際学科
心理学部 心理学科
 
文学研究科    英文学専攻   フランス文学専攻    芸術学専攻
経済学研究科 経済学専攻 経営学専攻
社会学研究科 社会学専攻 社会福祉学専攻
法学研究科 法律学専攻
国際学研究科 国際学専攻
心理学研究科 心理学専攻
法務職研究科 法務専攻