パソコンを利用した教材・課題制作

現在所有しているビデオテープやフィルム等を電子データへ変換し、PowerPointに貼り付けたり、CDに電子アルバム化できるなど、多目的に利用でき、長期保存に適しています。

静止画

  • 取り込み
    スキャナーでお手持ちの写真(集)・絵葉書・スライドフィルム(ポジ・ネガ共に)等を電子データとして取り込むことができます。またデジタルカメラの写真やビデオテープの一場面も取り込み可能です。
  • 編集・加工
    画像に特殊処理を加えるアプリケーションがご利用できます。WordやPowerPoint等に取り込んだ静止画像を貼り付けて、図や写真入りのテキストを作成できます。
  • その他
    書籍やテキストブックの文章をスキャナーで取り込み、電子データのテキスト形式に変換後、文章文字情報をWord等のアプリケーションで編集できます。
  • 作業時間の目安
    スキャナで画像を取り込むだけでしたら、1枚3分程度かかります。

動画

  • 取り込み
    ビデオテープの映像と音声を編集用のコンピュータに電子データとして変換し取り込むことができます。
  • 編集・加工
    電子データに変換して取り込まれた動画は、専用ソフトを利用して容易に編集できます。シーンの入れ替え、字幕やタイトルの挿入等が行えます。CDやDVDに保存することもできます。
  • 作業時間の目安
    素材のビデオテープを一度コンピュータに読み取り、再度ビデオテープに録画するので、教材・課題が長ければそれだけ時間を要します。また、操作に慣れるにはある程度の時間が必要になります。

デジタルカメラの利用

デジタルカメラは情報センターで貸し出していますので、ご利用下さい。コンパクトフラッシュ、フラッシュメモリー、メモリースティック等を利用している方には、パソコンで利用できる変換アダプタの用意もあります。

印刷について

モノクロ、カラーの各プリンターをご用意してあります。印刷実行時には出力先プリンターを選択して下さい。普通紙とOHPシートの両方に印刷できます。OHPシートや専用光沢紙は持参してください。