研究室でのネットワーク設定マニュアル_MacOSX

 

1.Mac OS Xのネットワーク設定

 新しいネットワークアダプタをインストールすると、[Eathernet]が作成されます。
 「IPアドレス」・「サブネットマスク」・「ルーター」・「DNS」の設定を行います。
 ※研究室等でのインターネット接続は事前登録が必要となります。情報センターへ問い合わせてください。

※以降の手順で使用している画面は、Mac OS X Yosemite(10.10.1)のものです。


 (1)アップルマークから『システム環境設定』を選択します。





 (2)『ネットワーク』を選択します。






 (3)左のメニューにある『Eathernet』の、『詳細』を選択します。






 (4)『TCP/IP』に、値を入力します。入力する値は、お渡ししている登録完了通知をご参照ください。
  IPv4:手入力
  IPv4アドレス:登録完了通知「IPアドレス」参照
  サブネットマスク:登録完了通知「サブネットマスク」参照
  ルーター:登録完了通知「デフォルトゲートウェイ」参照
 ※xxxと表記してあるところには、数字が入ります。





 (5)『DNS』に、値を入力します。『DNSサーバ』左下の+マークを選択すると、入力できるようになります。
 入力する値は、お渡ししている登録完了通知をご参照ください。
 ※xxxと表記されているところには、数字が入ります。





 (6)『プロキシ』に、以下の項目にチェックを入れ、プロキシサーバのアドレスとポートを入力します。
   Webプロキシ(HTTP)
  保護されたWebプロキシ(HTTPS)





 本学では、プロキシサーバーを用いてインターネットに接続しているため、
 ホームページを閲覧するためにはプロキシの設定が必要となります。

 また、入力する値は、利用する目的や所属によって下記のように異なりますのでご注意ください。


研究利用(専任教員) アドレス:proxy.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080
教育利用(非常勤教員)白金校舎から接続する場合 アドレス:proxy1.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080
横浜校舎から接続する場合 アドレス:proxy2.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080

 


 (7)4~6までを確認したら、右下の『OK』をクリックします。

 ※Safariから、明治学院大学以外のホームページのURLを入力して動作確認を行ってください。


2.時刻同期(NTP)設定

 NTPとは?
 NTP(Network Time Protocol)とは、コンピュータ内部時刻をネットワークを介して
 正しく調整するプロトコル(コンピュータ間でデータ通信を行う際の規約)です。
 NTPを組み込んだサーバは階層構造を持ち、最上位のサーバが原子時計やGPS受信機などを使い
 自分自身の時刻情報を常に修正して、下位のホストはそれを参照することで時刻を合わせます。


 なぜ時刻同期が必要なのか?
 パソコンの内部時計の精度は非常に低いので、放っておくとすぐに何分も狂ってしまいます。
 内部時計が狂ったままでは、ネットワークが一般的になった現在、情報のやりとりに支障が生じる場合があります。
 例えば電子メールの送信時間にズレが生じるといったときです。時刻情報の狂った機械をそのまま使うこと自体、
 ある種マナー違反、という考え方もあります。


 (1)アップルマークから『システム環境設定』を選択します。






 (2)『日付と時刻』を選択します。






 (3)『日付と時刻』で、以下の項目にチェックし、登録完了通知に記載されているNTPサーバのアドレスを入力します。
  日付と時刻を自動的に設定







   これですべての設定が完了となります。