研究室でのネットワーク設定マニュアル_XP

1.WindowsXPのネットワーク設定

 新しいネットワークアダプタをインストールすると、ローカルエリア接続が作成されます。
 「IPアドレス」・「サブネットマスク」・「デフォルトゲートウェイ」・「DNS」・「ドメイン(DNSサフィックス)」の設定を行います。
 ※研究室等でのインターネット接続は事前登録が必要となります。情報センターへお問い合わせ下さい。


 (1)スタートボタンから『コントロールパネル』を選択します。





 (2)『ネットワークとインターネット接続』を選択します。






 (3)『ネットワーク接続』を選択します。






 (4)『ローカルエリア接続』を右クリックして『プロパティ』を選択します。






 (5)『全般』タブより『インターネットプロトコル(TCP/IP)』を選択してから『プロパティ』を選択します。






 (6)『次のIPアドレスを使う(S)』と『次のDNSサーバーのアドレスを使う(E)』にチェックを入れます。
  登録完了通知書を参照し、「IPアドレス」・「サブネットマスク」・「デフォルトゲートウェイ」・「DNSサーバー」の
  アドレスを間違えないように注意して入力します。
   ※xxxで表現されているところには、数字が入ります。






 (7)『ドメイン(DNSサフィックス)』は上記の『画面詳細設定(V)...』をクリックします。
  『DNS』タブを選択し『この接続のDNSサフィックス(S)』に『meijigakuin.ac.jp』を入力します。







2.コンピュータ名の設定

 (1)コントロールパネルの中にある『パフォーマンスとメンテナンス』を選択します。






 (2)『システム』を選択します。






 (3)『コンピュータ名』タブから『変更(C)』をクリックして、コンピュータ名の変更を行います。






 (4)『コンピュータ名』の欄に、登録完了通知に書いてある『ホスト名』を入力します。
  ※設定を完了すると、「再起動」が必要となります。







3.Internet Explorer6.0の設定

 本学では、プロキシサーバーを用いてインターネットに接続しているため、
 ホームページを閲覧するためにプロキシの設定が必要になります。


 (1)Internet Explorer6.0を起動します。


 (2)『ツール』メニューから『インターネットオプション』を選択します。






 (3)インターネットオプションダイアログが開いたら『接続』タブを選択します。続いて『LANの設定(L)…』を選択します。






 (4)『LANにプロキシサーバーを使用する』にチェックを入れ『詳細設定(C)…』をクリックしてください。






 (5)アドレスとポートの欄にプロキシサーバーのアドレス、ポートを入力してください。






 入力する値は、利用する目的や所属によって下記のように異なります。


研究利用(専任教員) アドレス:proxy.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080
教育利用(非常勤教員) 白金校舎から接続する場合 アドレス:proxy1.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080
横浜校舎から接続する場合 アドレス:proxy2.meijigakuin.ac.jp
ポート:8080

 HTTPの所にプロキシアドレスとポートを入力し『すべてのプロトコルに同じプロキシサーバーを使用する(U)』に
 チェックを入れOKボタンをクリックします。

 ※明治学院大学以外のホームページのURLを入力して動作確認を行ってください。


4.時刻同期(NTP)設定

 NTPとは?
 NTP(Network Time Protocol)とは、コンピュータ内部時刻をネットワークを介して
 正しく調整するプロトコル(コンピュータ間でデータ通信を行う際の規約)です。
 NTPを組み込んだサーバは階層構造を持ち、最上位のサーバが原子時計やGPS受信機などを使って
 自分自身の時刻情報を常に修正して、下位のホストはそれを参照することで時刻を合わせます。


 なぜ時刻同期が必要なのか?
 パソコンの内部時計の精度は非常に低いので、放っておくとすぐに何分も狂ってしまいます。
 内部時計が狂ったままでは、ネットワークが一般的になった現在、情報のやりとりに支障が生じる場合があります。
 例えば、電子メールの送信時間にズレが生じるといったときです。時刻情報の狂った機械をそのまま使うこと自体、
 ある種のマナー違反、という考え方もあります。


 (1)スタートボタンから『コントロールパネル』を選択します。






 (2)『日付、時刻、地域と言語のオプション』を選択します。






 (3)『日付と時刻を変更する』を選択します。






 (4)『インターネット時刻』タブをクリックし、『自動的にインターネット時刻サーバーと同期する』のチェックボックスにチェックを入れます。
 サーバーに「ntp.meijigakuin.ac.jp」を入力します。『今すぐ更新(U)』をクリックします。




 ※「時刻は正常に(同期された日付が記載)にntp.meijigakuin.ac.jpと同期しました。」
  と表示されていることを確認してください。


 (5)『適用』をクリックし、『OK』をクリックします。



   これですべての設定が完了となります。