在校生のキャンパスライフ

世の中のしくみが
よく分かるようになりました

法律学科 4年生 (2013年2月現在)
坂本 実希さん

法学部の授業で
ニュースがよく分かる

小学6年生の時、たまたま白金キャンパスに立ち寄ったことがあります。いい大学だなと思いました。高校3年生で来た時は、他の大学に比べてゆったりとした雰囲気があって、のんびり屋の私には合っているかもしれないなと感じました。ピンと来るものがあって、明学法学部が第一希望になりました。最初の印象と変わらず、今も学内には穏やかな空気が流れていて落ち着きます。

入学当初は、「法律って難しそうだな。理解できるかな」という不安もありましたが、1年生で学ぶ「入門編」の講義を受けて不安は吹き飛びました。授業は面白いし、何よりも、少人数クラスで、民法や刑法など基本的な法律を基礎から丁寧にじっくりと教えてくれるので、無理なく理解することができました。

面白かったのは、租税法の授業です。税にも、所得税や法人税などの直接税や、消費税などの間接税とさまざまなものがあり、その課税や納税についても基本から学ぶことができました。納税は国民の義務ですが、その仕組みも全く知らなかったので、すごく勉強になりました。
私は実家が自営業なので、税のことはとても身近で興味のあるテーマでした。知識があれば、家業や経営にも役立てられるかもしれないと思い、租税法のゼミに入りました。

初めてのゼミで出た課題が、著名人の脱税事件についてのレジュメ作りでした。判例を読みながら取り組みましたが、判例に書いてある用語からよく分からず、初めてのレジュメもどのように書けばいいかも分からず、先輩に相談したり、辞書と首っ引きでなんとかまとめました。

ゼミでは手強いテーマも多いのですが、勉強を続けていると、だんだんニュースの内容が分かってくるんです。倒産法を学ぶと、破産や民事再生といった企業の倒産の内容も分かったり。これまでは、ニュースの内容もよく分からずもやもやしていましたが、授業とニュースがつながって、報道内容がより理解できるようになると、世の中のしくみや動きも少しずつ分かるようになりました。

プロフィール

坂本実希 (さかもと・みき)
1991年神奈川県生まれ。捜真女学校高等学部卒業。渡辺充教授の「租税法」ゼミに所属。

所属サークル

天体観測

明学の“おいしい”

白金キャンパスの生協で売っている「BAGEL & BAGEL」のチョコベーグル。品川駅近くのラーメン店「品達」のつけ麺。

最近読んだ本

『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』マイケル・サンデル
「ゼミの教材の一つとして使いました。“リバタリアニズム”の話がとても面白かったです」

分からないことはすぐ聞ける
先輩とのつながりも心強い

大学生は、最終的には「自分次第」だと思います。勉強でも遊びでも、何でも自分で決めて、自分でやっていく。やる気さえあれば、自分の世界をどんどん広げていくことができますが、時々、どう進めばいいのか分からなくなることもあります。

そんな時でも、明学法学部はサポートがしっかりしているので心強いです。授業も少人数体制で分かるまで教えてくれるし、常駐しているTA(ティーチングアシスタント)の方に授業についての質問やレポートの書き方、レジュメの作り方などをいつでも聞ける「特別TA制度」もあるので、すごく助かります。国家試験対策室も公務員試験、司法書士や行政書士講座など充実していて、一定以上の成績を満たしていれば無料で受けることもでき、やる気に応えてくれる学校なんだなと実感します。


図書館の個別机は、「個人のスペースが保てる」のでお気に入り。試験前など集中して勉強したいときによく利用している。

先日、「白金法学会」に参加しました。法学部の卒業生や在校生が集う会です。卒業生の方々が幅広い業種でご活躍されていて、自分の将来についても夢が広がりました。
私は将来のことはまだ模索中ですが、しっかりプランがある友人の話を聞くと、時々不安になることもあります。そんな時でも、仲間をはじめ、諸先輩方に直接お話を聞けたり、縦のつながりができる機会があるのはとても心強いです。白金法学会は在校生も参加できるので、法学部に入学されたら、是非、皆さんにも参加してもらえたらと思います。

「結局は、自分がどうしたいかだよ」。白金法学会である先輩に言われました。やろうと思えば、なんでもできるのが大学生。やる気さえあれば、可能性は広がるのだと思います。卒業までに明学法学部でどんな夢が見つかるのか、楽しみです。

ある日の1日

2時限信託法 (澁谷彰久講師)
3時限図書館で予習・復習
4時限図書館で予習・復習
5時限会社法 (清水忠之教授)
6時限金融法実務 (田中幸弘講師)
友達と食事して帰宅

ページトップ


受験生の方へトップ
Copyright (c) Meiji Gakuin University All rights reserved.