ホーム  >  図書館について  >  図書館の活動  >  【横浜校舎図書館】国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの利用開始について

【横浜校舎図書館】国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの利用開始について

2015年10月3日

昨年の白金校舎図書館の利用開始に続いて、横浜校舎図書館でも9月18日よりサービスを開始しました。

国立国会図書館がデジタル化した、絶版などで入手困難な図書、古典籍、雑誌、博士論文など約137万点(2015年7月時点)の資料を、明治学院大学横浜校舎図書館の特定パソコンから全文閲覧できるようになります。

*国立国会図書館デジタルコレクションで検索した際に、「国立国会図書館/図書館送信限定」のアイコンがついた資料が対象です。

・明治学院大学の教職員、学生、大学院生ならびに科目等履修生が利用できます。

・利用の際は、横浜校舎図書館1階レファレンスカウンターへお申し出ください。
 事前の予約もお受けいたします。
 
・利用時間:月~金曜日の午前8時45分~午後7時
 *ただし授業期間外は閉館1時間前まで

・著作権法上認められる範囲内で複写できます。
 *有料。図書館員による代行複写

・詳細は国立国会図書館のウェブサイト(デジタル化資料送信サービス)をご覧ください。