ホーム  >  図書館について  >  図書館の活動  >  図書館の活動:外部貸出・展覧会出品情報

図書館の活動:外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】国立新美術館「ダリ展」に資料出品しています!

国立新美術館では、「ダリ展」が開催中です。
この企画展はガラ=サルバドール・ダリ財団(フィゲラス)、サルバドール・ダリ美術館(フロリダ州セント・ピーターズバーグ)、国立ソフィア王妃芸術センター(マドリード)という世界の3つの主要なダリ・コレクションの作品を中心にした、国内では約10年ぶりとなる大回顧展ということで、開催前から話題となっていました!
同展に、国内の重要資料として本学図書館所蔵の「ダダとシュルレアリスム・コレクション」などから4点の資料の出品協力をしています。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

ダリ展(東京展)
会期:2016年9月14日(水)~12月12日(月) 毎週火曜休館
国立新美術館(六本木) 企画展示室1E
ダリ展特設サイトhttp://salvador-dali.jp/

2016年9月22日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】埼玉県立近代美術館「旅と芸術-発見・驚異・夢想」展に出品しています!

埼玉県立近代美術館では、『旅と芸術-発見・驚異・夢想』展が開催中です。
この企画展に本学図書館からも「ダダとシュルレアリスム」「絵本とメルヘン」「旅とエグゾティズム」の各コレクションから14点の貴重資料を出展しています。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

「旅と芸術-発見・驚異・夢想」展
会期:2015年11月14日(土)~2016年1月31日(日)
主催:埼玉県立近代美術館
監修:巖谷國士(本学名誉教授)

詳しくはこちら↓
埼玉県立近代美術館ウェブサイト

2015年12月15日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】ヘボン手稿特別公開~横浜開港資料館「宣教医ヘボン」展

横浜開港資料館で開催中の「宣教医ヘボン ~ローマ字・和英辞書・翻訳聖書のパイオニア~」展にて明治学院大学図書館が所蔵するヘボン自筆の『和英語林集成およびマタイ伝手稿』が特別公開されています。

 特別公開期間: 11月22日(金)~12月1日(日)
 会場: 横浜開港資料館 企画展示室

「手稿」は、皮装丁のノートで、巻頭にヘボン自身のサインがあり、『和英語林集成』初版の草稿からなる前半部分と、ローマ字での日本語訳の「マタイ伝福音書」の後半部分からなっています。文字はブルーブラックインクで書かれ、歳月により青色染料が消滅し、鉄錆色に変色して、裏うつりが生じています。
ヘボンは、前半の草稿部分に手を加え、日本最初の和英辞書『和英語林集成』(1867年初版刊行)を完成させており、「手稿」はヘボンが聞き取った幕末の日本語を知ることができ、さらにはヘボン式ローマ字誕生の経緯、『和英語林集成』編纂の過程をたどることができる貴重な資料です。

実物を見ることのできる貴重な機会となりますので、ぜひ足をお運びください。
詳しくはこちら http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/index.html#shukou

●「宣教医ヘボン ~ローマ字・和英辞書・翻訳聖書のパイオニア~」展に関してはこちらをご覧ください。
http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/index.html

●同時開催中!明治学院主催「横浜のヘボン先生と明治学院」
http://mg150.jp/event/2013-02-26-6.html
横浜開港資料館旧館1階にて本学院主催の記念展示「横浜のヘボン先生と明治学院」(観覧無料)を開催中です。
古写真から横浜居留地39番地ヘボン邸を再現したジオラマのほか、本学図書館所蔵「幕末・明治英学辞書コレクション」から貴重な資料をご覧いただけます。

2013年11月26日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】「宣教医ヘボン~ローマ字・和英辞書・翻訳聖書のパイオニア」展のご案内

横浜開港資料館~宣教医ヘボン展10月18日より、横浜開港資料館企画展示「宣教医ヘボン~ローマ字・和英辞書・翻訳聖書のパイオニア」が開幕しました。明治学院では創立150周年を記念して、この企画展を共催しています。

本学創設者ヘボンは、日本の医療・宣教・教育にその生涯を捧げました。幕末の横浜から始まったヘボンの足跡をたどる展示となります。今回初公開される資料に、邸宅の中庭でクララ夫人と子どもたちが写った写真があります。当時の塾の様子を伝えるもので、明治学院はじまりを強く感じさせる貴重な資料です。

あわせて、同館旧館1階にて本学院主催の記念展示「横浜のヘボン先生と明治学院」(観覧無料)を開催中です。古写真や資料から横浜居留地39番地ヘボン邸を再現したジオラマのほか、本学図書館所蔵「幕末・明治英学辞書コレクション」からヘボン手書きの『和英語林集成』(複製)や土佐海援隊『和英通韻以呂波便覧』などを展示しています。

ぜひご観覧ください。

会期:2013年10月18日(金)~12月27日(金) 月曜休館

会場・主催:横浜開港資料館

時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

入場料:大人200円、小中学生100円

宣教医ヘボン展の詳細はこちら
横浜開港資料館 http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/index.html
明治学院創立150周年記念サイト http://mg150.jp/event/2013-02-26-6.html

2013年10月22日 | 外部貸出・展覧会出品情報 図書館発表・受賞等

ヘボン邸ジオラマのお披露目です!

150周年記念事業「明学EXPO2013」ジオラマ作成企画が、ついに完成!

山本高樹さんの『昭和幻風景ジオラマ展』に、明治学院のはじまりであるヘボン邸を再現したジオラマが初登場します!!
大学図書館では、150年前の横浜居留地39番地ヘボン邸を再現するジオラマ作成企画を進めてきました。

制作はNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』のタイトルジオラマで注目を浴びたジオラマ作家の山本高樹さんに依頼。
単にモチーフを縮小しただけでなく、時代の空気感までもが凝縮された、温かみのある作品は、幅広い世代から人気を集め、その芸術性、緻密性、物語性から高い評価を受けています。
耳を澄ませば、橋を渡る人々の話し声や馬車の足音が今にも聞こえてきそうな、そんな温かみのあるジオラマが完成しました。

横浜のヘボン塾にはじまる明治学院の歴史が実感できる作品を、多くの方に楽しんでいただければ幸いです。

山本高樹『昭和幻風景ジオラマ展』
2013年7月31日~8月12日 横浜高島屋

詳しくはこちら
http://www.nhk-sc.or.jp/event/

リーフレット(入場割引券付き)・招待券は白金図書館、白金パレットゾーン、横浜図書館、横浜学生課(リーフレットのみ)にご用意してあります。

ヘボン邸ジオラマは、このあと新潟三越(8/14-8/19)の同展に出品されるほか、今秋の横浜開港資料館「宣教医ヘボン~ローマ字・和英辞書・翻訳聖書のパイオニア~」展(横浜開港資料館主催、学校法人明治学院共催)の期間中、同館記念ホールでご覧いただけます。
 

2013年7月15日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】損保ジャパン東郷青児美術館特別展に出品しています

損保ジャパン東郷青児美術館(東京都新宿区)で開催中の特別展に本学図書館所蔵の貴重資料ダダとシュルレアリスム・コレクションから2点を出品しています。

<遊ぶ>シュルレアリスム展―不思議な出会いが人生を変える―
会期:2013年7月9日~8月25日
主催:損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞社
監修:巖谷國士(本学名誉教授)

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

詳しくはこちら↓
損保ジャパン東郷青児美術館ウェブサイトhttp://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index_shuru.html

2013年7月15日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】徳島県立近代美術館特別展に出品しています

徳島県立近代美術館(徳島県徳島市)で開催される特別展に本学図書館所蔵の貴重資料ダダとシュルレアリスム・コレクションから2点を出品しています。

<遊ぶ>シュルレアリスム展
会期:2013年4月27日~6月30日
主催:徳島県立近代美術館 / 徳島新聞社 / 四国放送
監修:巖谷國士(本学名誉教授)

徳島県立近代美術館の会期終了後、引き続き、損保ジャパン東郷青児美術館(東京都)で展示が行われます。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

詳しくはこちら↓
徳島県立近代美術館ウェブサイトhttp://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

2013年4月27日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】豊田市郷土資料館特別展に出品しています

ヘボン博士にゆかりの深い岸田吟香さんを取り上げた特別展が
豊田市郷土資料館にて開催されます。

図書館所蔵の貴重資料一点が出品されるほか、
(A dictionary of the Japanese and English language 和譯英語聯珠)
明治学院創立150周年記念『和英語林集成』復刻版の展示、
貴重書デジタルアーカイヴスから、辞書画像数点が図録で取り上げられます。

春期休暇中に中部地方に帰省、旅行される方はぜひお立ち寄りください。

詳しくはこちら↓

豊田市郷土資料館特別展
明治の傑人 岸田吟香 ~日本で初めてがいっぱい!目薬・新聞・和英辞書~
http://www.toyota-rekihaku.com/kikaku/f_kikaku100.html

2013年2月2日 | 外部貸出・展覧会出品情報

【図書館】県立神奈川近代文学館『島崎藤村展』に出品しています

県立神奈川近代文学館(横浜・山手 港の見える丘公園内)で開催中の『島崎藤村展』に所蔵の資料を多数出品しています。

この展覧会は明治学院卒業生である詩人・小説家 島崎藤村の71年の人生と作品の世界を、多くの貴重資料によって紹介するものです。

図書館からは、藤村直筆原稿「旧い学窓のこと」「学院時代の戸川秋骨君」、明治学院校歌の自筆掛け軸などを出品しています。

詳しくはこちら
http://www.kanabun.or.jp/te0169.html

2012年10月26日 | 外部貸出・展覧会出品情報

岡山県が配信するYouTube動画でヘボン博士が編纂した『和英語林集成』が取り上げられました

岡山県では2013年の美作国(みまさかのくに)建国1300年を記念して「晴れの国おかやまチャンネル(YouTube)」にて動画配信をしています。
今回、配信された「まさかの発見~TAMAGOKAKEGOHAN~」に、ヘボン博士が編纂した『和英語林集成』(本学図書館所蔵)が登場しています。

皆さん、「たまごかけごはん」と『和英語林集成』の共通点って何だと思いますか…?

実は、岡山県出身の岸田吟香という人物がこの2つに大きく関わっています。
詳しくは、動画の中で紹介されています。ぜひご覧ください。

2012年4月4日 | 外部貸出・展覧会出品情報