ホーム  >  ご利用案内  >  学内の方  >  カウンターサービス (貸出返却/レファレンス)

カウンターサービス (貸出返却/レファレンス)

提供するカウンター (白金:2階メインカウンター、5階レファレンスカウンター、横浜:1階サービスカウンター、レファレンスカウンター)

貸出

借りたい図書・資料をカウンターに持参し、「図書館利用証」を提示してください。
※注意:延滞資料がある場合は、新たな貸出ができません。延滞資料返却日の翌日から貸出を受けられます。

ページトップ

返却

白金・横浜どちらにも返却できます。カウンターまたは返却用ブックポストへ返却してください。
※注意:ブックポスト返却の場合、返却は翌開館日扱いになります。付属資料のCDを一緒に返却しない場合、貸出状態のままとなります。万一、図書・資料を紛失したり、汚損・破損した場合は、図書館にご連絡ください。

ページトップ

返却期限延長 [MyLibraryからできます]

返却期限日内で次の予約が入っていない図書は、返却期限を2回延長することができます。カウンターで手続きをする場合は、借りている図書・資料と利用証をお持ちください。
※注意:延滞資料がある場合は、延長できません。

ページトップ

予約 [MyLibraryからできます]

利用希望図書が貸出中の場合は、予約することができます。

ページトップ

取り寄せ (他キャンパス、学内研究所、学外倉庫) [MyLibraryからできます]

配架場所が他キャンパスの図書館、学内研究所、学外倉庫と表示している場合は、取り寄せて利用することができます。

  1. 閉架資料

    白金校舎図書館

    閉架書庫の資料の利用は、OPAC (蔵書検索) 専用PCでレシートを印刷、または所蔵資料請求票に必要事項を記入してカウンターにお申込みください。
    配架場所の表示に、「地下」「B1」「B2」「北ウィング」「文庫」などの言葉が含まれている資料が該当します。なお、取り出しに若干時間がかかります。

    横浜校舎図書館

    ご自分で地下1階、2階の書架エリアへ入ることができます。

  2. 他キャンパス

    MyLibraryの「取寄・予約」から申込可能です。教職員以外の方は、受取希望のキャンパスで所蔵している資料の取り寄せはできませんのでご注意ください。また、取り寄せて利用した資料は、どちらの図書館でも返却できます。
    ※注意:取寄資料は、月・水・金の連絡便で届きます。原則として運行日の前日までに受け付けた分が届きますが2,3日程度余裕を持ってお申し込みください。

  3. 学内研究所

    配架場所が「国際平和研究所」「言語文化研究所」「キリスト教研究所」「社会学部付属研究所」となっている資料は、各研究所の所蔵資料です。図書館で所蔵していない資料について、研究所で直接利用できない方は、取り寄せて利用することができます。OPAC専用機でレシートを出力、必要事項を記入してカウンターに申し込んでください。
    (取り寄せ日:通常月曜~金曜) 貸出・返却・延長等、図書館の資料と同一のサービスとなります。研究所の都合により、貸出ができない場合や貸出期限内であっても返却していただくことがあります。

  4. 学外倉庫

    配架場所が「学外倉庫」となっている資料は、利用までに数日かかりますのでご了承ください。受取希望館の資料の場合、OPAC (蔵書検索) でレシートを出力してカウンターにお申込みください。他館の資料の場合は、MyLibraryの「取寄・予約」から申込みできます。

ページトップ

レファレンスサービス(白金:5階レファレンスカウンター 横浜:1階レファレンスカウンター)

  • 文献の調査 (書誌・所蔵事項) 、OPAC (蔵書検索) の使い方、データベースの使い方などについての各種相談を受け付けています。例えば下記のような質問にお答えします。
  • レポート・卒論を書くための資料の探し方がわからない。
  • 読みたい本や雑誌を所蔵している他大学の図書館に行きたい。(他図書館への紹介状の発行)
  • 日本で入手できない外国論文のコピーを取り寄せたい。

ページトップ

購入希望 (学生のみ)

図書館で所蔵していない資料でも、学習や研究のために必要な図書・資料に関しては購入希望を受付けています。
MyLibraryから申込み、または図書館備え付けの申込書に記入のうえ、カウンターに提出してください。

ページトップ

MGアンブレラ

明治学院大学では急な雨などで困った方へ、貸出用の傘『MG アンブレラ』を用意しています。図書館カウンターで学生証をご提示ください。

ページトップ

ライブラリーバッグ

図書館の本の貸出用のバッグです。ご希望の方は貸出を受けるときにカウンターにお申し出ください。「借りた本が自分のバッグに入らない」「雨で本を濡らしてしまった」…そんな声がずっと気になっていました。“本を大切にしてほしい”その思いをカタチにしたのが このバッグです。忘れずに図書と一緒に返却をお願いします。