[明治学院大学] / 戸塚まつり / 「戸塚まつり‘99」報告書-DRP(Dish Return Project)

「戸塚まつり‘99」報告書-DRP(Dish Return Project)

湯浅智恵子(99年度 明治学院大学 戸塚まつり準備会 Dish Return Project担当 )

戸塚まつりとは?

明治学院大学横浜校舎でおこなわれる、大学と学生と地域が一緒になっておこなう大学祭です。正式名称を「明治学院大学戸塚まつり - コミュニティフェスティバル‘99 - 」といいます。99年度は、5月22日(土)、23日(日)に行われました。

基本理念の1つに「環境問題に積極的に取り組みたい」という項目があります。そこで、今年もDRPとゴミの分別がおこなわれました。

‘99戸塚まつりにおけるDRPについての概要説明

■DRPのしくみ

[図]DRPのしくみ[写真]食器を洗うお客さん

DRPとは、Dish Return Project の略です。その名のとおり、皿を捨てずに使いまわす取り組みのことです。戸塚まつりでは、お皿のほかに、お椀やコップ、スプ-ン、フォークも使いまわしました。食器類には、50円のデポジット金をかけましたが、スプーン、フォークにはかけませんでせした。

まず、模擬店に食器を一枚50円で買ってもらいます。食器の購入は、まつり当日で、種類や数などは、事前に希望を聞いて用意しました。

次に、模擬店は、商品の代金に食器代の50円をプラスした値段でお客さんに売ります。

それを買ったお客さんは、食べ終わったら食器を持って最寄りの洗い場へいきます。洗い場では食べかすを落としてお客さん自身に洗ってもらいます。そして、食器代50円を返金します。

[写真]図書館前洗い場 [写真]ヘボン像前洗い場 [写真]中央洗い場

■食器貸し出し・返却方法

貸し出しは、まつり当日朝9時から行いました。最初の貸し出し枚数は、100枚までとし、足りなくなったら追加購入してもらいました。追加購入は、まつり開催中随時受付け、あまった食器はその日のうちに返却してもらい、枚数分の額を返金しました。返却は、まつり終了1時間後までとしました。(受付け時に、時間、団体名、購入者名、食器の種類、金額をチェックリストに記入。また、食器の種類、数を記入したDRPカードを模擬店に配り、模擬店側の控えにしてもらいまいした。)

また、貸し出し・返却所は、洗浄機のある生協食堂に設置し、洗浄された食器がすぐ貸し出せるようにしました。

■洗い場での流れ

  1. 食べかすを生ゴミ入れに捨て、小さく切った新聞紙で食器の汚れを拭き取ってもらう。(新聞紙は、燃やすゴミの袋へ。)
  2. 石鹸水のはいったたらいで、スポンジを使って洗ってもらう。(割り箸、スプーン、フォークも一緒に。割り箸は、王子製紙に送って再生紙にするため、軽く洗います。)
  3. 水のたらいですすぐ。(2回)
  4. 割り箸、スプーン、フォークは、専用の回収ボックスへ入れてもらう。
  5. 食器をスタッフが受け取り、50円を返金する。
  6. 手ふきタオルで手を拭いてもらう。
※1時間ごとに区切って、種類別の数をチェックする。

■洗浄の仕方

お客さんが洗っただけでは、衛生上問題がありますので、熱湯消毒をします。

まつり当日は、生協食堂を貸し切りにしてもらい、洗浄機で昼ごろから回収された食器を洗い始めました。生協の方は、好意的で快く洗浄機を貸してくれました。

DRPには、食器を使用する模擬店は強制参加です。まつり開催中に、使い捨て容器を使用した模擬店には、ゴミ拾いのペナルティを課しました。

まつり当日までの準備

■食器集め

当初、食器は購入する予定でしたが、安く売ってくれる業者が見つからず、企業から要らなくなったものを提供してもらうことになりました。

方法としては、食堂や寮などを持っていそうな大きな企業を中心に食器提供願いメールを出しました。約60社ほどに出し、7社から食器の提供がありました。しかし、それだけでは、足りないので、慶応大学SAEIから食器を借りました。

明治学院大学横浜校舎から近いということと、種類や数が揃っているということからSAEIを選びました。 事前に一度下見に行き、2週間ほど前に借りにいきました。

借りた食器

青リッチェル、黒リッチェル、きゃんえこお椀、漆器のお椀、透明コップ、黄コップ

提供してもらったもので使用した食器

魚皿(四角い平皿)、日産(楕円形の平皿)、明治製菓(お椀)、エプソン(丸平皿)、ゆのみ、スプーン、フォーク

■模擬店参加者に向けて

模擬店の参加申込書を出した団体には、料理の詳しい内容や、皿必要枚数や形などを書いてもらう模擬店企画書を渡しました。 また、模擬店説明会で、お皿の実物を展示しました。企画書に書いてもらった数をもとに、全体の必要枚数と形の見当をつけて用意しました。

また、企画書を渡すと同時にDRPの説明を書いたプリントも渡し、模擬店説明会で説明しました。さらに、最終模擬店説明会では、当日の詳しい流れなどを書いたプリントを配布し、最終確認を行いました。

■前洗い

前洗いは、集めた食器をまつり前に一度洗うことです。

まつり1週間前から、放課後を使って生協食堂の洗浄機で洗いました。洗浄機は、熱湯消毒をするタイプのものです。

■その他

  • スタッフ向けのマニュアル作り
  • 洗い場や貸し出し所のデコレーション

まつり当日の動き

  1日目 2日目
7:30 DRPスタッフのミーティング、洗い場の準備
9:00 食器の貸し出し開始
9:30 他大学からのお手伝いの方集合、ミーティング(仕事の説明など)
10:00 まつりスタート
  まつり開催中
16:00 (2日目)まつり終了
17:00 (1日目)まつり終了 洗い場を閉める
17:30 洗い場を閉める 食器の返却受付け終了。食器を洗って、数の確認。食器を移動。
18:00

食器の返却受付け終了
食器を洗って、 次の日のスタンバイ

2日間とも、たくさんの方にお手伝いにきていただきました。

反省点

■当日の反省点

  • 他大学の方を必要以上に働かせてしまった。(明学のスタッフが少なすぎた。)
  • 食器回収、ゴミの回収、水の取り替えがスムーズにまわらなかった。
    ⇒人手の多いところに頼んでやってもらった。
  • 割り箸が、洗ったものと洗わなかったものと混ざってしまった。(割り箸は、再生紙にリサイクルするため、洗い場でいっしょに洗ってもらっていたが、デポジット金がかかっていないため強制することはできない。)
    ⇒洗っていないものは、回収ボックスの中に入れず、スタッフが受け取って軽く洗うように指示したが、どうしても混ざってしまった。結局、混ざったものは、まつり終了後に手のすいたスタッフが洗った。
  • 洗い場で、燃やすゴミと生ゴミの分別が徹底されていなかった。
    ⇒ゴミ箱のところに、新聞紙を渡して捨て方の指導をする人をつけた。 2日目は、ごみ箱の上に表示を貼った。
  • 洗い場の前が混雑してしまった。
    ⇒並び方の指示を書いたポスターを貼ったり、最後尾に旗を立てた。 洗い場の場所と周りの模擬店の規模をよく考えて、洗い場の配置場所と数を決めるべきだった。
  • 来場者の対してのDRPについてのPRが不足していた。(コップを使い捨てと間違える人や、洗い方に戸惑う人がいた。)
  • 2日目、たらいの水の取り替えがひんぱんだった。
    ⇒途中であまり取り替え過ぎないように指示した。しかし、水が汚いという来場者もいた。もう一度洗浄機で洗うことを、もっと大きく表示するべきだった。
  • 50円玉が足りなくなった。(去年の2倍、20万円分の50円玉を用意してもらったが、晴天だったこともあり、予想以上の回転があった。)
    ⇒模擬店などに両替してもらった。それでも足りない分は、10円玉で対応した。
  • 布巾が足りなかった。
    ⇒スタッフに呼びかけて持ってきてもらった。それでも足りなかったので、洗って干して使った。しかし、これは衛生上問題がある。
[写真]洗い場の混雑 [写真]ただいま統計中

■全体を通しての反省点

  • 食器を提供してもらう際、確認不足で模擬店には向かないタイプのものが送られてきてしまった。
    ⇒DRPの趣旨をきちんと理解してもらい、大きさ、形、材質、数などをきちんと確認するべきだった。
  • 時間がなく、模擬店向けの資料やスタッフマニュアルなどが手書きになってしまった。
  • スタッフへの指示が徹底できなかった。

この場を借りて感謝の意を表します。

■当日手伝いにきてくれた方

  • 慶応大学 SAEI 3名
  • 創価大学 地球環境サークル 8名
  • 大東文化大学 大東祭実行委員会 2名
  • 東京大学 環境三四郎 4名
  • 東京農業大学 自然保護研究会 3名
  • 東京農工大学 ごみダイエットNOKO 2名
  • 東洋英和女子大学 2名
  • 武蔵工業大学 横浜祭実行委員会 1名
  • 立教大学 IVY Festa実行委員会 6名
  • 立正高校 4名
  • 早稲田大学 環境ロドリゲス 1名
  • 慶応大学 熊澤一晃さん
  • 日本大学 力石靖さん
  • 西口優子さん

■食器を提供してくれた企業

  • エプソン
  • 三洋電機
  • 東洋紡
  • 日産コーエー
  • 明治製菓
  • 明治学院大学生協

担当者から

まつり当日は、両日とも晴天に恵まれ、なんとか無事に終えることができました。主婦や年配の方には特に評判がよかったらしく、うれしいかぎりです。

DRPを体験した人が、まつりという非日常の体験を、日常の生活に少しでも生かしててくれることを願います。

戸塚まつりで、DRPを実施するにあたって、たくさんの人に協力していただきました。準備段階でアドバイスをしてくれた方、当日手伝ってくれた方、そして何よりも励まし、応援してくれた方、本当にありがとうございました。


大学祭へ戻る