明治学院150周年 歴史を活かし、未来をつくる

横浜開港と同時に来日したアメリカ人宣教医師J.C.ヘボンは、人々に医療を施し、“ヘボン式ローマ字”を考案、和英・英和辞書『和英語林集成』を編纂して、聖書の日本語訳を完成させました。また、明治学院の淵源となる《ヘボン塾》を1863(文久3)年妻クララと共に開設、幕末維新の日本に近代教育の礎を築きました。

2013年に創立150周年を迎えた明治学院は、建学の精神「キリスト教に基づく人格教育」のもと、一貫教育体制の向上、国際交流の強化、キャンパスのさらなる整備、奨学金制度の充実など、学院の将来を見据えた記念事業を推進しています。

明治学院に集う一人一人が、創設者の信念や生き方を継承した“ヘボンの子どもたち”として新たな一歩を踏み出し、この活動を持続し実現させること。そして、学院の歳月を回顧するにとどまらず、歴史を活かして未来をつくること。それが創立150周年を迎えた明治学院の歩みです。

明治学院初代総理 J.C.ヘボン (James Curtis Hepburn. 1815-1911)

「新しい時代をめざして」

明治学院理事長 青本健作

ヘボン塾開設から150年という年を記念して、公募で選ばれた学生キャッチフレーズは『繋げ、150年の精神、継げ、先人たちの思いを』です。ヘボン博士のみならず、ブラウン博士、インブリー教授、フルベッキ氏、二代目総理の井深梶之助氏など多くの先人が明治学院の設立と発展に貢献しました。明治学院の歴史と心を、この学び舎に集う若者達と共に語り伝え、未来を見据えたしっかりとした気持ちでこの一年を過ごしたいと思います。

「未来への飛躍台」

明治学院学院長 大西晴樹

今年は、明治学院の「出発点」であるヘボン塾開設から150年を数えます。学院の伝統の何を復興させ、未来に伝えるべきでしょうか。この点で「明治学院一貫教育宣言」は重要です。そこでは、明治学院の中学・高校・大学が一体となって、「キリスト教に基づく人格教育」により「人物」といわれる人間と、隣人・隣国・自然との共生の担い手たりうる「市民」の育成が宣言されています。150周年は、未来に向けての飛躍台でなければなりません。

「これからの展望」

明治学院大学学長 鵜殿博喜

明治学院が創立150周年を迎える年になり、大学もこれをひとつの契機として、新たな歩みを始めるつもりです。歴史を活かし、白金と横浜という2つのキャンパスが持つ豊かな個性や特徴をさらに発展させていくには何をすべきか。前向きに取り組んでいきたいプロジェクトがたくさんあります。そして、これらの取り組みが実現することで、大学はさらに大きな飛躍をとげることができるでしょう。150周年を祝い、未来へつなげるために、明治学院らしさを踏まえた「学びの場」を創りあげていきたいと思います。

「原点に立ち帰る」

明治学院高等学校校長 小暮修也

旧約聖書レビ記25章8節以下には、ヨベルの年(50年目)のことが記されていますが、英語ではJubileeと言います。この年には、原点に立ち帰り、神の前に平等な者として、悔い改めて、祈り、人に奉仕することが求められています。明治学院も50年×3=150年目の年に、悔い改めて、祈り、人に奉仕することに努めていければと願っています。

「変化する時代の中で」

明治学院中学校・明治学院東村山高等学校校長 孫永律

明治学院が変わることなく目指してきたことは、神様への信頼と聖書に基づく教育です。かつてヘボン博士が開国間もない日本へと遠い海を渡った時代からは想像もつかない、地球規模の難題に向き合う時代となりました。しかし、神様のご計画の中で、常に変わらないものを大切に、人智をはるかに超えた神様を見上げ、真理を求め、国や民族を越え、試練にもしっかりと向き合う本当の実力を身につける教育を目指してまいります。

ページトップへ