應援團リーダー部「京都徒歩行軍」

日本橋から京都まで伝統の鍛錬行事が復活!

應援團の伝統行事だった「京都徒歩行軍」が学院創立150周年記念を機に15年ぶりに復活します。東京・日本橋から京都・三条大橋まで、国道1号線をメインに495kmを23日間かけて、明治学院を全国にPRしながら歩きます。途中、横浜・大磯では、ヘボンや島崎藤村など明治学院ゆかりの地へも立ち寄る予定です。服装は、袴に高下駄、大きな幟を掲げて歩きます。応援よろしくお願いします!

※FacebookとTwitterで途中経過を発信していきます。
Twitter:@kyotokougun / Facebook:京都 行軍
明治学院大学應援團公式ウェブサイト

スケジュール予定 (2月20日~3月14日)
2月20日 (水) 日本橋スタート
横浜に立ち寄り、ヘボン顕彰碑など、明治学院ゆかりの地を歩きます。
2月21日 (木) 藤沢着
戸塚駅前 (1号線) も通過しますので、応援よろしくお願いします!
2月24日 (日) 箱根着
「箱根の山は天下の険」。最初の関門になります。
3月1日 (金) 金谷着 (静岡県)
3月3日 (日) 浜松着
3月4日 (月) 二川着(愛知県)
全行程で一番長い30kmを歩きます。
3月8日 (金) 桑名着(三重県)
3月12日 (火) 草津着(滋賀県)
3月14日 (木) 京都・三条大橋着 ゴール!

部員・OBからのメッセージ

應援團の伝統「京都行軍」が15年ぶりに復活されることは、嬉しく思う反面、心配でもあります。しかし、この経験は団結力と相手を思いやる気持ちを養い、必ず人生の糧となります。
(中央/櫛田繁輝さん・77年商卒・OB会会長)

自らの気の緩みをたたき直すためだけでなく、世の中の意志の弱い男子学生に一石を投じるためにも、必ず辿りついてみせます!
(右/野田康隆・経済2年)

今回は、各所でのサポートにまわることになりましたが、部員4名が無事に京都へ到達できるよう、全力で努めます!
(左/山本拓弥・経済2年)

3月14日無事にゴールに到着しました!

道中、たくさんの方々に励ましの言葉をいただきながら23日間歩き続け、無事にゴール地点の京都・三条大橋に到着しました!


ゴール地点に到着!


三条大橋にて記念撮影


ゴール後には、恒例の色紙をもらいに平安神宮へ。

京都行軍を終えて -部員たちからのメッセージ-

私は今回、責任者として参加させていただきました。京都行軍では、人をまとめる立場としてどうあるべきかという事を常に考えながら行動をしていました。この行軍を終え、未だに理想的な形がどういうものなのかという答えは出ていませんが、この記念すべき150周年という節目の年に様々な行事に参加して成長していければと思います。
(リーダー部部長 野田 康隆)

この京都行軍に参加して貴重な経験をすることが出来ました。
当初、生半可な気持ちでいたためにくじけそうになることが多々ありましたが他の3人やOB・OG、道中で支えてくださった方々の協力もあり歩ききることが出来ました。この経験をもとに 応援団の活動はもちろん、今後の人生に生かしていきたいです。
(リーダー部2年 篠澤 拓実)

先輩から京都徒歩行軍の話を聞いたときは、素直に面白そうだし思い出に残りそうだなという思いと、正直、下駄なんかで歩いたら足がボロボロになっちゃうよという少しの不安が交錯していました。 出発が近づくにつれて『なんでわざわざ京都まであるくの?』『なんの意味があるの?』といった事を言われました。 なんの意味があるか?そんなことは正直わかりませんでした。出発の日を迎えると想像以上の方々に送り出して頂きました。知り合いの方だけでなく、初対面の方々にも激励されました。人にこんなに期待されること、応援されることがこんなにも嬉しいことだとは思いませんでした。行軍中は想像以上に下駄で歩くのが辛いし、荷物は重いし、その他にもイライラすることばかりでした。だけど辛いからこそ、ご飯が何倍にも美味しく感じたり眠れること、お風呂に入れることといったごく普通なことに喜びを感じれるようになりました。
23日間の行軍を終えても不思議とこれといった感情は芽生えませんでした。ただ思ったのは、この京都徒歩行軍は喜怒哀楽に溢れていてまるで人生みたいだなと感じました。京都まで歩いたことが意味があるものなのかどうか、それは歩いた自分自身が決めることではないでしょうか?
(リーダー部2年 阿部 正邦)

人生でTOP3に入るほどキツかった行事でした。23日間という長い時間がキツさを増したように感じました。道中様々な方と出会い様々な話を聞くことによって自分の意見、自分を形成している物に対し影響を受けました。ここで得たことは忘れません。
(ブラスバンド部3年 中野 泰佑)

40年前の「京都徒歩行軍」

卒業生より思い出の写真をいただきました。現役生たちも先輩たちがかつて辿った同じルートを歩きました。


スタート地点の日本橋


ゴール地点の京都・三条大橋


ゴール後に平安神宮でもらった色紙