音で聴く歴史と国際関係:戦争と平和

西洋の影響を受け続けてきた明治以来の日本と、近現代の歴史を動かした西洋音楽を、気鋭の研究者の多角的な講義に加え、実際の生演奏に触れながら、分かりやすく学んでいこうというユニークな講座です。歴史的に貴重な名曲や、国連で「鳥の歌」を演奏した平和の使徒、カザルスの作品の日本初演も行われます。毎回、東京藝術大学や海外で学び第一線で活躍する演奏家による、本格的なコンサートが含まれています。

*アンカー(全5回):半澤朝彦(明治学院大学准教授)
【出演】
岸美奈子(ピアニスト:東京藝術大学卒)、渡辺泉(ピアニスト:桐朋学園大学卒)、安田正昭(ピアニスト:パリ音楽院卒、上野学園講師)
アートホール弦楽四重奏団:ヴァイオリン:印田千裕(東京藝術大学・英国王立音楽院卒、江藤俊哉コンクール第一位)、竹内弦(東京藝術大学卒)
ヴィオラ:柘植藍子(東京藝術大学在学)、チェロ:半澤朝彦(英国トリニティ=ギルドホール音楽院リサイタル・ディプロマ)

開催スケジュール
第1回
1月11日(土)
13:20-16:10
西洋音楽のグローバル化と国際関係(総論)
西洋近代の「合理主義」を体現する一方、グローバルな文化の交わり(アラブ・アジア・アフリカ・アメリカの影響)から生まれた「西洋音楽」とは何か。帝国主義、列強対立の中でどうグローバル化したのか、戦争と平和の問題とどうかかわるのか。最新のグローバル化論を踏まえ、全5回の総合的な枠組みを示す。
曲:ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」より、幸田延/ヴァイオリンソナタ、三善晃/ヴァイオリン・ソナタより、宮城道雄/春の海、メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲ニ短調より ほか
演奏:印田千裕(ヴァイオリン) http://chihiroinda.web.fc2.com/、岸美奈子(ピアノ) http://kishipiano.exblog.jp/
第2回
1月26日(日)
13:20-16:10
二人の戦没作曲家
「戦没画家」の存在は知られているが、若く才能ある作曲家も戦争の犠牲となった。長年この問題を追いNHK特番の製作にも加わった小宮氏ほかを講師に、昨年「明治学院コンサートシリーズ第44回」で日本初演された紺野陽吉、傑作の誉れ高い尾崎宗吉の「小弦楽四重奏曲」ほかを取り上げる。
曲:紺野陽吉/弦楽三重奏曲、尾崎宗吉/小弦楽四重奏曲「ピアノのための四つの小品(新発見、日本初演)」、山田耕筰/ピアノ五重奏曲「婚姻の響」、ほか
演奏:アートホール弦楽四重奏団(印田千裕ほか)、渡辺泉(ピアノ)
講師:小宮多美江(音楽史研究家)
第3回
2月15日(土)
13:20-16:10

島崎藤村と音楽
明治学院卒業生の島崎藤村(1872-1943)は、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)専科でヴァイオリンなどを学んだ。藤村の文学は、西洋音楽を強く意識する形で展開したという。そこには、西洋文化への愛憎、日露戦争から太平洋戦争への国際政治の悲劇的展開という、近代日本の矛盾が隠れている。

曲:シューベルト/ピアノ五重奏曲「鱒」、ドビュッシー/「子供の領分」より、滝廉太郎/「憾(うらみ)」ほか
演奏:アートホール弦楽四重奏団(印田千裕ほか)、岸美奈子(ピアノ)、齋藤麻理(コントラバス)
講師:岩田ななつ(明治学院大学/日本近代文学)
第4回
3月1日(土)
13:20-16:10
ユダヤ人・音楽・国際関係
音楽のグローバル化の中で、ユダヤ人が果たした役割は大きい。作曲家フェリックス・メンデルスゾーンやマーラー、演奏家や音楽産業関係者の多くがユダヤ人。目を世界に向けての第4回は、ホロコーストやアラブ・イスラエル紛争にも触れるほか、女性作曲家の嚆矢、フェリックスの姉ファニーの作品も取り上げる。
曲:ファニー・メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲ニ短調、ブロッホ/「祈り」、コルンゴルド/ピアノソナタ第一番より、マーラー/ピアノ四重奏曲、ショパン/夜想曲第二番 ほか
演奏:印田千裕(ヴァイオリン)、柘植藍子(ヴィオラ)、半澤朝彦(チェロ)、渡辺泉(ピアノ)
講師:山本尚志(国際政治史・音楽史) 
既刊『日本を愛したユダヤ人音楽家、レオ・シロタ』毎日新聞社刊、ほか
第5回
3月15日(土)
13:20-16:10
カザルスと20世紀の国際政治
国連やホワイトハウスで「鳥の歌」を演奏した、スペイン・カタロニア出身で20世紀最高の音楽家とされるチェリスト・指揮者・作曲家のカザルスは、その一世紀近い生涯が、対ファシズム戦争、冷戦など20世紀の国際政治と不可分である。圧巻のチェロ八重奏を、第一線で活躍する気鋭の奏者が演奏。
曲:カザルス/未発表ピアノ曲(日本初演)、カザルス/サルダーナ、鳥の歌 ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第1番、バッハ/アリア(G線上のアリア) ほか
演奏:安田正昭(ピアノ) 、和泉景子/郷田祐美子/木下通子/越川和音/田辺純一/夏秋裕一/半澤朝彦/向山大祐(以上チェロ)
講師:細田晴子(日本大学/国際関係史・スペイン現代史) 
 『カザルスと国際政治』2013最新刊  http://www.yoshidapublishing.com/booksdetail/pg578.html
募集要項
場所 戸塚区民文化センターさくらプラザ(JR戸塚駅西口すぐ 戸塚区総合庁舎4F)
http://www.totsuka.hall-info.jp/access/
募集人数 400名
参加費 2,500円(全5回)/1回のみ受講も可能(各回800円。当日ホールにて受付。残席分のみ)
申込方法
(5回一括受講の場合)
  1. E-mailまたは往復はがきに、次の事項を明記して総合企画室(地域連携推進担当)までお申し込みください。振込用紙等を送付します。
    • 氏名(フリガナ)
    • 性別
    • 年齢住所(郵便番号)
    • 電話番号
  2. 振込み確認後、E-mailまたは復信はがきにて受講票をお送りします。( 受講票は、12月20日発送予定)
  3. 開講初日に受講票( E-mail を出力したもの、または復信はがき)を持参し、受付でご提示ください。
  4. 申込期間:2013 年11 月11 日(月)~ 12 月13 日(金) 消印有効

※個人情報の取り扱いについて
明治学院大学では、受講生の皆様の申込時における個人情報については、「学校法人明治学院個人情報保護基本規程」に沿って厳重に管理いたします。これらの個人情報は、明治学院大学公開講座のご案内用としてのみ利用いたします。第三者には提供いたしません。

申込期間 2013年11月11日(月)~12月13日(金)
その他 パンフレット (PDF / 1.89 MB)
お申し込み・
お問合せ
明治学院大学 総合企画室(地域連携推進担当)

108-8636 東京都港区白金台1-2-37
明治学院大学 総合企画室(地域連携推進担当)
TEL:03-5421-5247
FAX:03-5421-5387
E-mail:chiiki@mguad.meijigakuin.ac.jp
受付時間 平日9:30 - 12:00、12:45 - 16:00

講座当日のお問合せ先
総合企画室(地域連携推進担当)
TEL:080-2112-4861
(受付時間 開催当日の10:30 - 13:00)

※講師・演奏者・曲は都合により変更になることがあります