HOME

明治学院大学図書館デジタルアーカイブスとは

幕末の横浜のヘボン塾を淵源とする本学は、横浜と東京築地居留地の私塾や学校を統合して成立しました。このため当時の洋学図書や、大学の学術研究で集めた貴重な図書を数多く所蔵します。これらの図書を各テーマに沿って公開していきます。

貴重資料室「幕末・明治辞書コレクション」の閲覧について

明治学院大学図書館は、本学院創設当時の辞書と本学卒業生岩堀行宏氏の寄贈辞書を中心に、「幕末・明治辞書コレクション」を作り、今回研究者に公開することとしました。
辞書はその時代の文化を良く表わしており、日本が世界に再度開かれて行く近代日本成立期の辞書は大変貴重であり、各分野での研究に有用です。特に同一の時代に発刊された辞書類は相互に「引き比べ」をしてみると、たいへん多くの事実が発見されます。

写真

これらの辞書は貴重であり、100年以上の時間を経て多くの人に利用され、傷みも激しくなっています。しかし辞書はその性質上、マイクロフィルムなどでは簡単に「引き比べ」をして研究を進めることは困難です。どうしても現物の資料にあたる必要があります。
明治学院大学図書館は「文化財としての保存」と「閲覧」のバランスについて、岩堀氏の寄贈を受けた後に大いに悩み、議論をしてきました。そして、日本の経師師の伝統的文化財保存技術に出逢い、学内のコンセンサスを経て多額の費用を捻出し、ここに修復をかなえることができました。
明治学初代総理J.C.ヘボンの「Do for others」の精神に顧み、彼の編纂した『和英語林集成』を中心として、学問研究の発展のための閲覧に向けて大きく踏み出せたことは何よりの喜びです。

閲覧対象者と閲覧条件

閲覧対象者は研究者(含む大学院生)とし、コレクションの利用の前提として、研究目的が明確であることが条件となります。

閲覧希望者は「貴重資料閲覧許可願」を事前にご提出いただき、許可が下りた場合のみ閲覧可能となります。お申込みの際は閲覧目的と希望資料の内容をできるだけ明確に記載をお願いいたします。

学外の方の利用希望については、こちらのページをご参照ください。

  • ※貴重資料は学内外での展示や修理、修復等のために利用できない場合もありますので、ご了承ください。

連絡先:明治学院大学図書館 利用サービス・電子情報課TEL:03-5421-5177

辞書寄贈のお願い

明治学院大学図書館は、江戸時代から明治時代の辞書を集めています。また、古い外国語学習書も収集しています。
この時代は、日本が世界に開かれていき大きな文化的変容が起きた時代であり、明治学院の初代総理ヘボン博士が『和英語林集成』を作り、ブラウン・フルベッキなどの創設者達の活躍した時代でもあります。
「辞書」はその時代の集大成ともいえるもので、全ての学問の分野に関連して役立てることができる貴重な資料です。
辞書は「引くもの」であり、実際に引き比べられなければ、なかなか役には立ちません。しかし古い辞書は傷みも激しく、収蔵か利用かそのバランスは極めて微妙です。そのため全国を見渡しても多くの図書館で収蔵が優先され、充分な閲覧環境が提供されていません。残念なことです。

写真

今回、『和英語林集成』をデジタルアーカイブできたことを機会に、本学卒業生の故岩堀行宏様の辞書コレクションと本学図書館の所蔵する辞書を合わせて「幕末・明治期辞書コレクション」として研究のために公開することにいたします。
私たち明治学院大学図書館は、「ヘボン辞書」を持つ図書館として、このバランスを保ちつつも、単に収蔵するだけでなく、閲覧できる環境を作って学問の発展に寄与していこうと考えています。
これには多くの困難が伴います。日本の経師師の技術を利用しての傷みの補修や、閲覧方法にも各種の工夫が必要となりますが、一つ一つ課題を越えていきたいと思います。

辞書は個人の所蔵になるものが多く、たいへん散逸し易いものです。しかし辞書は貴重な文化遺産です。一旦散逸しますとなかなか再入手が困難です。
もし、個人で古い辞書をお持ちでしたらば、ぜひもう一度光を当てさせていただきたく、私たちのチャレンジと学問の発展のために、辞書を寄贈いただければ大変幸いです。

連絡先:東京都港区白金台1-2-37 明治学院大学図書館TEL:03-5421-5173

NEWS

  • 2013/12/25
    本デジタルアーカイブスのリニューアルを行い、『聖書和訳』を公開しました。
  • 2010/03/31
    第二回の追加と改訂を行い、『語林集成漢字索引』等を加えました。
  • 2008/04/01
    第一回のアーカイブの追加と改訂を行いました。
    ・幕末・明治辞書の内容画像追加(約1100枚)・辞書解説の増訂と新たな辞書入手による目録・年表追加
  • 2007/09/06
    本アーカイブスが私立大学図書館協会より「協会賞」を受賞しました。
  • 2006/03/22
    『和英語林集成』デジタルアーカイブスを公開しました。

ページTOPへ