明治学院大学 ホーム  >  ニュース  >  【横浜FC協働連携】「明治学院大学 with横浜FC  子どもサッカー教室」を実施しました

【横浜FC協働連携】「明治学院大学 with横浜FC  子どもサッカー教室」を実施しました

2009年11月16日


2009年11月15日(日)、本学横浜校舎におきまして、Jリーグの横浜FCとの協働連携による「子どもサッカー教室」を開催いたしました。
この事業は、横浜市戸塚区に本拠地を置く「横浜FC」と、同区にキャンパスを構える本学とで「地域の子どもたちのために、一緒に何かできないか」と意見が一致し、昨年末より話合いを重ね、この日の開催にいたりました。


「サッカー教室」は、戸塚区在住の幼児・小学生を対象に、13:00~16:00まで行われ、前半が幼児(年中・年長)小学1・2年生対象、後半が小学3~6年生対象とし、2回に分けて実施しました。
本学体育会サッカー部員約50名も全員参加し、運営全体やサポートコーチとして、全面的に協力をしました。


子どもたちの指導には、元日本代表選手でTV等でも活躍中の都並敏史(つなみさとし)氏をはじめ、元Jリーガーなどのコーチ陣5名が直接あたり、本学サッカー部員たちもサポートコーチとして、大いに活躍しました。


この日は、多少風があったものの雲ひとつない快晴で、総勢234名の子どもたちが、横浜校舎ヘボンフィールドに集い、保護者や少年サッカーチーム指導者など大人を合わせると350名以上が参加。盛況のうち終了しました。


本事業は、地域貢献のための活動ではありましたが、本学サッカー部員など学生たちにとっても、横浜FCコーチ陣、子どもたち、保護者の方々との交流を通じて、多くを学びとる機会となったようで、サッカー指導方法やサッカー技術、イベント運営等大きな教育的効果がありました。


横浜FCと本学とでは、今後も継続的に協働連携事業を行う予定です。









お問い合わせ先:地域連携推進室(03-5421-5247) 
熱心に説明を聴く子どもたち。グラウンドには、スタッフを合わせると400名以上が集まりました。
受付でも、本学サッカー部員(女子マネージャー)が活躍。
元Jリーガーから直接指導を受ける子どもたち。

明治学院大学の教育理念 Do for others