明治学院大学 ホーム  >  ニュース  >  2010年度クリスマス献金と東日本大震災支援募金のお礼とご報告

2010年度クリスマス献金と東日本大震災支援募金のお礼とご報告

【2010年度クリスマス献金について】

2010年度明治学院大学クリスマス献金は総額399,152円でした。
この献金は、以下のキリスト教主義の社会福祉団体にお届けしました。
※2010年度より、市民クリスマス(横浜校舎チャペル)、明治学院クリスマス音楽礼拝(白金校舎明治学院チャペル)で集められた献金については、法人事務局学院長室でご報告いたします。


■学校法人 日本聾話学校   東京都町田市   http://www.nrg.ac.jp/
本学とも関係の深い神学博士A.K.ライシャワ夫妻と、福音教会宣教師L.F.クレーマ女史により1920年に創立された日本で唯一の私立ろう話学校です。

■社会福祉法人 横須賀基督教社会館   神奈川県横須賀市  http://www.yokosuka-ccc.jp/
キリスト教精神に基づき「安心して子どもを生み育てられる社会」「だれもが共に生きられる社会」「長寿を喜べる社会」を基本理念に、各種地域福祉事業を営んでいます。

■社会福祉法人 基督教児童福祉会  バット博士記念ホーム    東京都町田市

家庭に恵まれない子どもたちに家庭的な養育を行なうことを目指しているキリスト教主義の児童養護施設です。

■財団法人 雲柱社  賀川豊彦記念・松沢資料館   東京都世田谷区  http://fukushi.unchusha.com/
本学の生んだ偉大な先輩である賀川豊彦の信仰と実践とを広めるため、彼の事業活動および著作に関する膨大な資料文献を収集・保存・公開し、調査研究に資することを目的として開館されました。

■社会福祉法人 小諸学舎(一羔会)  長野県小諸市http://www.komorogakusha.jp/
知的障がい者自立支援施設。本学と小諸市との協働連携の一環として、ボランティアワークを実施しています。

■社会福祉法人 興望館  東京都墨田区

キリスト教の精神に基づき、乳幼児の子育て支援、学童クラブの運営、家族と暮らすことのできない子どもの社会的養護・自立支援、異世代交流を主な活動とする社会福祉法人です。

■社会福祉法人 雲柱社  東京都世田谷区    http://fukushi.unchusha.com/

賀川豊彦の思想と実践を継承し、キリスト教精神に基づいて障がい者・児施設、保育施設、子ども家庭支援センター、児童館等の運営・管理をしています。



【東日本大震災支援募金について】

このたびの大規模地震により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
2011年4月25日~28日に行いました入学礼拝と、5月8日のチャリティーコンサート(天上の響き)で集められた募金総額は260,000円でした。
この募金は“被災の母たちへの祈り”とともに、キリスト教精神に基づき子どもたちへの支援を中心に活動する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンを通して、被災地に支援をお届けしました。


■特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン  http://www.worldvision.jp/
キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行うNGOです。今回の震災では、震災発生後3日後より被災地での緊急活動支援を開始しています。


以上、みなさまの心のこもったお志に心から感謝しつつ、ご報告いたします。                                                        
  2011年5月                                                        
                         明治学院大大学                 
                          宗教部長・国際学部教授 司馬 純詩 






明治学院大学の教育理念 Do for others