国際学部3年 吉崎健人さんが日本ラクロス男子チーム(U-21)主将に選出

  明治学院大学男子ラクロス部員の吉崎健人さん(国際学部3年)が、「日本ラクロスU-21男子日本代表2007」のメンバーに選出されました。日本代表U-21(21歳以下)は、全国約160人の候補者から選ばれた23名で構成されます。「第3回アジアパシフィック大会」(4月1日~7日・ニュージーランド)では、出場6チーム中、U21オーストラリア代表に次いで2位となる好スタートを切りました。

  吉崎さんは6月に主将を任命された後、「第19会ラクロス国際親善試合」に出場しています。東京大会(6月10日・江戸川区陸上競技場)では、本学協定校でもあるカリフォルニア大学バークレイ校のチームと対戦し、17対4で圧勝しました。その後の大阪大会(6月24日・舞洲運動広場球技場)でも、カリフォルニア州選抜チームと対戦し、14対2で勝利をあげています。

吉崎選手コメント
  全国から集まった代表メンバーは技術が高く、自己アピールもすごいです。主将としては、チームのムードが落ちているときに積極的に声をかけたりして、盛り上げるよう努めています。もともとラクロスは他大学と関わることが多いスポーツですが、他大学からのメンバーとチームを組むことで、さまざまな大学の人とのつながりがさらに持てたのは刺激的だと感じています。
  明治学院大学男子ラクロス部も、8月からのリーグ戦に向けて練習を重ねています。次回は、9月15日(土)16時10分から、駒沢公園第2球技場で神奈川大学と対戦予定なので、ぜひ観戦に来てください。新ユニフォームもお披露目します。バトントワラー部や吹奏楽部の華やかな応援も楽しんでください。横浜キャンパスにヘボンフィールドが出来たので、ぜひキャンパスでも試合をして、ラクロスというスポーツをもっと知っていただきたいと思っています。


日本ラクロスU-21男子日本代表2007 吉崎健人さん


第19会ラクロス国際親善試合(大阪大会)