「ムック」が明治学院大学を訪れました

  1973年にスタートした子ども向け番組『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ)に登場後、30年以上たった今でも、広い世代に人気を博しているガチャピン&ムック。先日、俳句もたしなむ知性派ムックが、グラビア撮影のため明治学院大学を訪問しました。

  まずは、モダンな福利厚生棟「パレットゾーン」へ。食堂やサークルルームがあるこの建物では、大学ロゴマークの旗の下、カフェテリアで一休み。そして、明治学院が誇る文化財に向かいます。国の重要文化財である宣教師館「インブリー館」では、階段をぎしぎしと鳴らしながら、2階の部屋もしっかり見学。階段にたたずみ、時の流れを感じたというムック。れんが作りの重厚な記念館では、小チャペルで静かなひと時を過ごしました。

  この模様は、相棒のガチャピンが著者である『ガチャピン日記3』(メディアファクトリー)に詳しく収められています。本の最後から始まる「特別ふろく」のムックのグラビア「ムムムムムムムムム風」をぜひお楽しみください。

明治学院大学 広報室



(C)2007フジテレビKIDS


(C)2007フジテレビKIDS