「読売新聞教育支援講座コース」の成績優秀者表彰式がおこなわれました

成績最優秀の表彰を受ける仁田脇さん
表彰式の参加者
  メディア・ポリティクス分野とマスコミ志願者への教育を強化するために開設された「読売新聞教育支援講座コース」は、この4月より「総合講座:読売新聞教育支援講座1」「時事英語:読売新聞教育支援講座2」「読売マスコミセミナー:読売新聞教育支援講座3」の3講座をコース化しましたが、このたび成績優秀者の表彰式が行われました。
  7月28日(月)に読売新聞東京本社(大手町)で行われた表彰式には受講した学生8名が出席。午前中に読売新聞社の案内で社内を見学した後、午後の表彰式に臨みました。成績最優秀者の法学部政治学科仁田脇佑司さんには教育支援部部長の尾関謙一郎氏から賞状と副賞が手渡され、あわせて読売新聞東京本社ほかでのインターンシップが約束されました。また、成績優秀者3名(西野偉彦さん、羽田梨花さん、木村友美さん)には賞状と副賞、他のコース修了者には修了証が渡されました。
  インターンシップは8月18日から29日の土日を除く毎日を日程とし、編集、販売、広告、事業、制作など新聞社の業務全般について理解を深めるとともに、取材記者、写真記者の体験実習などが行われる予定です。 大学とマスコミを繋ぐこの講座の成果が、期待されています。
成績最優秀の表彰を受ける仁田脇さん
表彰式の参加者