「内閣府青年国際交流事業」に関する説明会が開催されました

挨拶する川上和久副学長
内閣府が行う青年国際交流事業に関する説明会が、11月26日、白金キャンパスで開催されました。


この事業は「日本と諸外国の青年相互の理解と友好を促進するとともに、青年の国際的視野を広めて、国際協調の精神を養い、次代を担うにふさわしい国際性を備えた健全な青年を育成すること」を目的として1959年に開始されて以来、毎年多くの青年の参加により着実な成果をあげています。今回は、内閣府の選考により本学が選ばれ、説明会の開催となりました。


当日は、冒頭で自らもこの交流事業に学生として参加した経験を持つ川上和久副学長が説明を聞く学生にエールを送りました。その後、事業内容の詳細について内閣府のご担当者から説明があり、さらに、かつて青年国際交流事業に参加した方による体験談もありました。熱心に耳を傾けていた学生の中から、今回も多くの参加者が期待されています。

挨拶する川上和久副学長