2010年4月より心理学部が変わります-進化し続ける心理学科のポイント-

明治学院大学心理学部は、教育発達学科設置にともない、既存の「心理学科」のカリキュラムをリニューアルします。心理学科がさらなる進化を遂げます。

生まれ変わる心理学科のポイント

  • 卒業後の進路に対応した履修モデルを提示します。
    心理学科に入学する学生の将来の進路は多様です。そこで、「カウンセラーモデル」、「ビジネス・企業モデル」、「公務員・教員モデル」、「研究者モデル」の4つの履修モデルを提示し、入学当初から、学生各自の将来に向けての目的意識を高め、体系的な履修を促します。
  • 少人数教育の充実や実習科目の拡充により、カリキュラムの新たな展開を図ります
    「臨床心理学概論」、「社会心理学概論」などの概論科目の導入とともに、「検査法実習」、「観察・面接法実習」などの実習科目の拡充を図ります。きめ細やかな指導により、単なる座学ではない、実践的な知識の習得を目指します。「心理支援論」は、心理学における優れた教育的取り組みとして、文部科学省の“教育GP”に採用されています。
  • 施設・設備も大幅に充実します。
    心理学部の教育・研究機関として、また、地域の方々へのサービス提供機関として、新・心理臨床センターが2009年3月に竣工いたしました。また、2009年9月には、実験・実習施設を大幅に増加し、サーモグラフィーなどの実験機器もさらに充実しています。
明治学院大学心理学部は、きめ細かな修学支援により、きわめて低い退学率、高い就職率を誇っています。新・心理学科について、詳しくはオリジナルホームページをご覧ください。
明治学院大学心理学部オリジナルホームページ


<お問合わせ先>
入学インフォメーション
Tel 03-5421-5151
(月~金:9:00-16:00 土:9:00-12:00 ただし祝祭日は除きます)