【学生団体150周年記念企画】應援團リーダー部「京都徒歩行軍」が2月20日にスタートしました!

日本橋から京都まで伝統の鍛練行事が復活!

應援團の伝統行事だった「京都徒歩行軍」が学院創立150周年記念を機に15年ぶりに復活しました。東京・日本橋から京都・三条大橋まで、国道1号線をメインに495kmを23日間かけて、明治学院を全国にPRしながら歩きます。
途中、横浜・大磯では、ヘボンや島崎藤村など明治学院ゆかりの地へも立ち寄る予定です。服装は、袴に高下駄、おおきな幟を掲げて歩きます。
温かいご声援、よろしくお願いします!

FacebookとTwitterで途中経過を発信中です。
Twitter:@kyotokougun
Facebook:京都 行軍

2月20日に日本橋を出発し、同日大学にて壮行会を開催。
熱い声援を受けながら「京都徒歩行軍」が始まりました!

スケジュール予定(2月20日~3月14日)
2月20日(水) 日本橋スタート
横浜に立ち寄り、ヘボン顕彰碑など、明治学院ゆかりの地を歩きます。
10:00~白金キャンパス パレットゾーンにて壮行会開催!
2月21日(木) 戸塚着
戸塚駅前(1号線)を通過しますので、応援よろしくお願いします!
2月24日(日) 箱根着
「箱根の山は天下の険」。最初の関門になります。
3月1日(金) 金谷着(静岡県)
3月3日(日) 浜松着
3月4日(月) 二川着(愛知県)
全行程で一番長い30kmを歩きます。
3月8日(金) 桑名着(三重県)
3月12日(火) 草津着(滋賀県)
3月14日(木) 京都・三条大橋着  ゴール!

今回は、各所でのサポートにまわることになりましたが、部員4名が無事に京都へ到達できるよう、全力で努めます!(左/山本拓弥・経済2年)

應援團の伝統「京都行軍」が15年ぶりに復活されることは、嬉しく思う反面、心配でもあります。しかし、この経験は団結力と相手を思いやる気持ちを養い、必ず人生の糧となります。(中央/櫛田繁輝さん・77年商卒・OB会会長)

自らの気の緩みをたたき直すためだけでなく、世の中の意志の弱い男子学生に一石を投じるためにも、必ず辿りついてみせます!(右/野田康隆・経済2年)