PRIME:「飢餓を考えるヒント No.5 ―食べものの危機を考える―」を刊行。


PRIMEブックレット「飢餓を考えるヒント No.5 ―食べものの危機を考える―」が出ました。明治学院大学国際平和研究所(PRIME)は、2008年からアフリカを中心とした飢餓の問題についての研究会を、(特活)アフリカ日本協議会(AJF)、(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、ハンガー・フリーワールド(HFW)とともに開催してきました。このたび研究会のレジュメ・ブックレット第5号が出ました。興味のある方は白金本館9階のPRIMEか横浜8号館3階PRIME分室で入手できます(無料)。また、バックナンバーはすべてhttp://www.worldfoodday-japan.net/ でダウンロードできます。

もくじ
第1章 つながりが見えるマーケット?

 1 南アフリカから見た「マーケット」の課題と可能性

 2 西アフリカ・ブルキナファソの食料不安

 3 農業大国ブラジルの光と影

 4 モザンビーク北部での農業開発プログラム

 5 日本の農業の現状と新しい取り組み

 6 つながりが見える「マーケット」とは

まとめ

第2章 安心して食べるために

 バックナンバーの紹介