国連ユースボランティア派遣に関する協力協定署名式・国内6大学の了解事項交換式に出席しました

2013年6月3日(月)、東京青山の国連大学本部に於いて、国連ボランティア計画(UNV)リチャード・ディクタス事務局長臨席の下、国連ユースボランティア派遣に関する協力協定署名式及び国内6大学(関西学院大学、明治学院大学、上智大学、明治大学、東洋大学、立教大学)の了解事項交換式が行われました。

署名式では、関西学院大学国際教育・協力センター長 藤井和夫教授の力強い連携表明の後に、UNVディクタス事務局長による若者に対する信頼と期待に溢れた挨拶がなされました。続いて、明治学院大学吉井淳副学長が、提携大学を代表して挨拶し、関西学院大学、UNV東京事務所及びディクタス事務局長への謝意と、この取り組みが今後の日本の若者による国際貢献拡大と日本の国際的地位の向上の一翼を担う事への期待と抱負が述べられました。最後に関西学院大学 神余隆博副学長から、提携大学との協力により国連ユースボランティアが充実し、今後より一層発展させていきたいとの意気込みが語られました。国連ユースボランティア派遣に関する協力協定署名式

本学からは吉井淳副学長と齋藤百合子ボランティアセンター長補佐が出席しました。


明治学院大学は、6大学了解事項に基づき2013年度より、開発途上国で開発支援事業を担う国連ユースボランティア派遣事業に参加します。国連ユースボランティアの主な業務は、教育・環境・保健衛生・情報通信技術など多岐に渡る分野から国連ミレニアム開発目標達成に貢献するジェンダーと若者を支援することです。本プログラムは、UNVを通して開発途上国の国際機関や政府機関に派遣され、約5カ月間現地の人々とともに活動に従事します。