英文学科のPaul Hullah准教授がAsia Pacific Brand Laureate International Personality Award を受賞

2013年11月にマレーシアで開かれた英語教育に関する国際会議(ICELT)にて、ポール・ハラ先生はゲストスピーカーとして招待を受け、そこで Asia Pacific Brand Laureate International Personality Award(インターナショナル・パーソナリティー賞)を受賞しました。この賞は第4代マレーシア首相および、第13代国王によって承認をうけた大変名誉あるものです。表彰の内容には「国際的な作家および詩人であり、特に詩の真価を再建する著作物の執筆とその進展に対する最大の貢献をし、アジアの生徒達への文学教育への功績をあげた」とあります。


ハラ先生は受賞に関し以下のように述べています。


「このような重要な賞を、私の仕事と作品に対して受賞した事を大変嬉しく光栄に思います。何よりこの賞を受賞できたのは、過去6年間寛大にサポートしてくださった明治学院大学、そして常に私を励ましモチベーションを与えてくださった、尊敬する同僚や才能のある生徒達のおかげてあると思っています。古くさいと言われるかもしれませんが、私は教育において、学術性や、深み、伝統、美しさ、そして知的な挑戦といった今では薄れつつある価値を信じています。これは教員としての私の信念の根底にあり、これを分かち合い、サポートしてくれる大学で働ける事を誇りに思っています。この受賞によって、この信念の価値を認めてもらえたのだと確信しています。」



ポール・ハラ先生
ポール・ハラ (Paul Hullah) 先生



英文学博士。2008年より明治学院大学の文学部英文学科の准教授に就任し、イギリス詩および文化を中心とした授業を行っている。
1992年に出身地のイギリスより来日し、日本の大学で教える傍ら、教科書、英文学評論、そして自らの詩を含む20冊以上の本を出版。また、同学科のマイケル・プロンコ先生と共に文学と英語教育に関する学会Liberlit <WWW.LIBERLIT.COM>を設立し活動中。文学研究やEFLに関する学会での発表や出版なども国内外に渡り活発に行っており、国際的にも評価を受けつつある。