タイの大学関係者が本学のボランティアセンターを視察しました

集合写真
ボランティアセンター見学の様子

 2014年12月8日(月)、タイの大学関係者ら22名の方が明治学院大学を訪問されました。

 今回の訪問はタイにおいて大学ボランティアセンター設置を推進し、大学教育の一環としてボランティア活動を取り入れ、学生の社会学習を促進するための調査です。日本の大学、文部科学省、関係機関を訪問する一環で、タマサート大学(タイにおける本学の協定校)のボランティアセンターとも協力関係にある本学のボランティアセンターが先進事例としてトップの視察対象になりました。

 鵜殿学長が歓迎の挨拶をした後、原田ボランティアセンター長からボランティアセンターについて、三上国際センター次長から国際センターについて概要を説明しました。ボランティアセンタースタッフによる具体的な事業紹介が行われましたが、その中でも本学学生が実体験を元に話したボランティア活動について、とても関心を持たれたようです。

 質疑応答は昼食の間も続き、本館1Fにあるボランティアセンターの見学では、資料コーナーの撮影をしたり、学生メンバーに質問をするなど大変熱心にご覧になっていました。訪問された方々は活発な意見交換を通して充実した1日を過ごされたようです。

 この訪問をきっかけに、今後タイの大学と本学のさまざまな形での国際交流が期待されます。

集合写真
ボランティアセンター見学の様子