日本赤十字社・明治学院大学連携パネルを学外展示しました

2015年8月3日

2013年4月、日本赤十字社と明治学院大学は、ともに創立から150周年という記念の年にボランティアの育成に向けて協力しあう「共同宣言―ボランティア・パートナーシップ・ビョンド150―」を発表しました。現在は、ボランティア活動だけでなく、連携講座など教育面での連携も始まり、新しい展開が広がっています。


8月3日(月)より2週間、有楽町イトシア地下広場におきまして、パネル展示「創始者のこころを現代に結ぶ」を行います。
パネルは、日本赤十字社と明治学院大学の共同宣言、国際赤十字・日本赤十字社の歴史や活動、ともに歩む明治学院大学ボランティアセンターの活動などを紹介。日本赤十字社で現在活躍中の明治学院大学卒業生のメッセージも展示します。
ぜひご覧ください。




日本赤十字社・明治学院大学 パネル展示「創始者のこころを未来につなぐ」

【期 間】 
2015年8月3日(月)~8月16日(日)

【場 所】

有楽町イトシア地下広場   

 

*今回のパネル展示につきましては、ヘボン経済人会よりご支援・ご協力をいただきました。

お問合せ:総合企画室社会連携課 03-5421-5247