2015年度国連ユースボランティア派遣 現地活動の様子

【派遣学生】国際学部国際学科2年 住岡尚紀さん

【派遣期間】2015年9月~2016年2月
【派遣国】 ウガンダ

国際学部国際学科2年の住岡さんは現在、国連ユースボランティアプログラムを通じて、アフリカ東部に位置するウガンダで5ヶ月間の派遣活動を行っています。

現地では、ウガンダの首都、カンパラにあるUnited Nations Resident Coordinator’s Office(通称UNRCO)に勤務し、Communication Assistant として、イベント企画・運営をはじめSNSの記事作成・更新など広報業務全般に携わっています。 

休日には、職場の同僚だけでなく、青年海外協力隊員やその他国際協力機関に勤める人々と交流の輪を広げるなど、公私ともに充実した日々を送っているようです。 


現地での活動の様子を写真とともにいくつかご紹介します。

  
      国際ボランティアデーにて(写真左:同居人)         ブラスバンドグループとともにパレードや清掃活動に参加 





        青年海外協力隊員と野球試合に参加                 街で出会った少年に空手を教える