『平成27年度データ解析コンペティション』において,心理学部心理学科 川端一光ゼミ(演習1)の学生グループが奨励賞(CS-DAS部会)を受賞しました。

心理学科川端ゼミに所属する学部生4名が,「経営科学系研究部会連合協議会主催平成27年度データ解析コンペティション」に出場しました。

日本計算機統計学会データ解析スタディグループ(CS-DAS)」にチーム「トライアングル」としてエン トリー,<ID-POSデータ学生部門>で「奨励賞」を受賞しました。


チーム「トライアングル」メンバー: 藤原朱里(3年)・福田真季(3年)・吉田稚菜(3年)・日比野一郎(4年)・川端一光(指導教員)
発表タイトル: 『値引き商品に対する購買行動に基づく顧客分類』
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
研究の概要:
本研究は(株)アイディーズ様からご提供頂いたi-codeデータ(スーパーマーケットの大規模ID-POSデータ)を分析対象としたものです。
各顧客の値引き商品に対する購買行動を指標化し,これに機械学習法の一つであるk-means法を適用することで,実務的に解釈可能な6つの顧客群を抽出することに成功しました。
この分類にはセール商品に対する購買割合が大きいけれど来店回数の低い「バーゲンハンター」群や,単価の高い商品を高頻度で購入する「優良顧客群」等が含まれていました。
次に平面空間上に顧客群と商品を同時布置し,各顧客群がどのような商品群を購入しているかの対応について「見える化」を実施、さらに、この平面上の座標情報を利用し、各顧客群への商品推薦法を提案しました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

受賞の詳細については日本計算機統計学会のURLをご参照ください。
http://jscs.jp/dac/index.php/meeting/H27meeting