スマートフォン版を表示

『平成28年度データ解析コンペティション』において,心理学部心理学科 川端一光ゼミの学生グループが奨励賞(CS-DAS部会)を受賞!

心理学科川端ゼミに所属する学部生4名が,「経営科学系研究部会連合協議会主催平成28年度データ解析コンペティション」に出場し、
日本計算機統計学会データ解析スタディグループ(CS-DAS)」にチーム「Le bout de un fleuve(ルブー・ドゥ・アンフラーヴ)」としてエン トリー,<ID-POSデータ学生部門>で「奨励賞」を受賞しました。


チーム「ルブー・ドゥ・アンフラーヴ」メンバー:並木雄大(3年)、都築 悠(3年)、佐々倉俊道(3年)、北林浩二(3年)、川端一光(指導教員)
発表タイトル: 『4WによるECサイト利用者の購買行動分析』
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
研究の概要:
本研究は(株)オプト・ホールディングス様からご提供頂いたファッションECサイトの購買履歴およびその関連データを分析対象としたものです。
まず,購買行動に関連する変数の類似度によって,顧客とショップをそれぞれ6つの群に分類しました。
次に,それらの情報に月と商品と性別年代を加え,同一平面上に布置することで,誰がいつどこで何を購入しているのかを可視化しました。おしゃれ志向な顧客は男性が多く,優良店で4月にスニーカーをよく買う傾向にあること等が分かりました。
最後に,この平面上において,各顧客群と最も近い商品をその顧客群の特徴的な商品とし,その商品と共に買われる確率の高い複数の商品を統計的ネットワーク分析によって探索しました。その中で,最もその可能性が高い商品をその顧客群への推薦商品としました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

受賞の詳細については日本計算機統計学会のURLをご参照ください。
http://jscs.jp/dac/index.php/meeting/H28meeting