スマートフォン版を表示

室町時代の画家、雪舟の「幻の作品」が確認されたことを、9月19日、
山口県立美術館が発表しました。存在が知られながら、所在が不明
だった「倣夏珪(ほうかけい)山水図」で、84年ぶりに確認されました。

この発見に他の3名の研究者と共に関わったのが、本学文学部芸術学科の
山下裕二教授です。山下教授は室町時代の水墨画をはじめとする、日本
美術研究の第一人者です。研究やさまざまな美術館・美術展の監修と共に、
日本美術の普及を目指す「日本美術応援団」や、国宝制度120年を記念
した「国宝応援プロジェクト」なども推進しています。

山下裕二文学部教授
山下裕二文学部教授