スマートフォン版を表示
2019年9月2日

【港区協働連携】「少林寺拳法部」が白金児童館で演技を披露

 明治学院大学と港区は、「連携協力に関する基本協定」を締結し、港区内の大学として、地域との協働連携の関係を強化しています。

 8月29日(木)に本学の体育会「少林寺拳法部」に所属する学生3名が、白金児童館で学童クラブの小学生など40名を前に、少林寺拳法の演舞や組み手を披露しました。

 組み手の発表は寸劇形式で進められ、本学の学生がいざという時に使える技などを紹介しました。学童クラブの子どもたちは学生の真似をしたり、声を上げて大興奮していました。

 演舞や組み手の後に設けられた質問コーナーでは、「何年くらい練習したら、黒帯を取れるの?」などといった質問が、たくさん飛び交っていました。

 明治学院大学では、これからも区内各施設との協働連携を進めていく予定です。



明治学院大学 総合企画室社会連携課 (℡ 03-5421-5247)

部員による演舞
部員による組み手
児童の質問に答える少林寺拳法部員