スマートフォン版を表示
2019年9月2日

【小諸市協働連携】松原学長・永野副学長が第77回藤村忌に出席

 明治学院大学の前身、明治学院本科で学び、「破戒」「夜明け前」などの作品で知られる文豪・島崎藤村の「第77回藤村忌-花と歌を捧げる集い-」が8月22日(木)に行われ、本学からは松原康雄学長、永野茂洋副学長が参列しました。
 藤村忌当日はあいにくの空模様だったため、急遽、「寅さん会館」内での開催となりましたが、小泉俊博市長をはじめ、小諸市の関係者や藤村文学の愛好者およそ200人が出席し、満員となりました。

 藤村が詩をつけた曲を地元コーラスグループが合唱したほか、草笛の愛好家サークルが「千曲川旅情のうた」を披露するなど、文字どおり、花と歌で満たされた藤村忌となりました。

 明治学院大学では、今後も島崎藤村による縁を土台にして、小諸市との協働連携を進めていく予定です。


明治学院大学 総合企画室社会連携課 (℡ 03-5421-5247)

遺影
松原学長の献花
永野副学長の献花
「千曲川旅情のうた」を草笛で披露