スマートフォン版を表示
2020年6月24日

大学キャンパス内に入構するにあたっての注意点(7月1日以降)

7月1日(水)からの入構制限期間において、キャンパスへの入構にあたっては以下を順守していただきます。順守いただけない場合は、入構することができません。

 

①【各キャンパスの出入り口】
白金キャンパス:本館1階守衛室
横浜キャンパス:正門および南門
・各キャンパス守衛室において、学生証及びマスク着用の確認と入退構の手続き(学籍番号・氏名・用途・入退構時間の記入)をお願いします。

②【キャンパスへの移動時と入構時】
・当日は、自宅で検温の上、体調不良の場合は絶対に大学に来ないでください。入構時に守衛室で検温結果及び体調について確認させていただくことがあります。症状等*は後記健康支援センターのページをご参考ください。
・公共交通機関を利用する際はソーシャルディスタンスを心がけてください。特に最寄り駅からキャンパスへの通学路においては、近隣の方への配慮が必要です。
登下校時、入構時はマスクを必ず着用してください。建物内や屋外でも人と会話する時は感染拡大予防の観点からマスクの着用をお願いします。ただし、マスクの着用にあたっては、登下校時(屋外)では熱中症予防の観点から、自身の安全のために適宜マスクを外すことも可能です。

③ 【キャンパス内】
・決められた場所以外には立ち入らないでください。各事務室の対面窓口は事前予約が必要です。
・用事を済ませた後は、速やかに帰宅してください。
・感染防止対策を行なっておりますが、今後、ご自身や学内関係者の感染が発覚した場合、キャンパス内での行動履歴について、提出を求められる可能性があります。許可を受けて入構した際は、必ず構内の滞在時間および滞在場所、接触者を各自のメモで結構ですので、控えておいてください。
・キャンパス内で、オンライン授業を受講することはできません。
・横浜キャンパスにおいてはバイク(本学の許可を受けている学生のみ)及び自転車での登校を可とします。但し駐輪場は使用出来ませんので正門または南門にお回りください。

 

*症状等、新型コロナウイルスに関する情報は健康支援センターのページを併せてご確認ください。

 以上