明治学院大学のキャリア支援

ごあいさつ

明治学院大学は、創設者ヘボンの生涯を貫く「Do for Others 他者への貢献」を教育理念としています。明治学院大学で学ぶ目的は、社会において多くの人々を助けることのできる知識と能力を養うことにあります。学生時代に様々な体験を通して自らの能力と適性を見出し、卒業後の社会で人々の求めにこたえ、また社会を主体的に変えて行くことのできる意思と力を身につけることが求められているのです。
 自分を中心に考えて、自分が何をしたいのか、どんな生活を求めるのか、それを探すことももちろん大切なことでしょう。でも、社会にはあなたの助けを必要としている人々がいます。平和で持続可能な社会は、それを支える一人一人の主体的な努力がなければ維持していくことはできません。周りの人々があなたに何を求めているのか、この社会を支えていくためにあなたには何ができるのか、少し視点を変えて考えてみてはどうでしょうか。
 そのためには在学中に何を学び、どんな活動に取り組めばよいのか、卒業後にどんな場で働くことで、自分の能力と適性を最も良く発揮して社会に貢献できるのか、それを具体的に考えて行くのが「キャリアデザイン」という作業です。キャリアセンターでは、学生時代に将来につながるキャリアを作り出し、適切な自己選択ができるようになるためのキャリアデザインを支援しています。様々なセミナー、ガイダンス、及び体験学習等を通して、学生のチャレンジ精神とバランス感覚を育み、本学の学生が社会で溌剌と活躍するための支援を行っています。
 将来の進路に迷っている皆さん。将来の目標を実現するために、今何をすればよいのかよくわからないというあなた。気軽にキャリアセンターを訪れてみて下さい。進路指導に経験を積んだスタッフが、親身になって相談に乗っています。

キャリアセンター長 原田 勝広(教養教育センター教授)



キャリア支援体制

入学時から卒業後まで。現在から未来へつながるキャリア支援。

本学では、学生のキャリアデザインに資する授業科目として、1年次から学ぶことのできる「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」や、各学部・学科が開講するインターンシップほかの授業科目を提供しています。また、学部等が主催する司法書士、公認会計士ほかの国家資格や公務員、語学のための課外講座を実施しています。大学事務局にはキャリアセンターを置き、キャリアカウンセラー有資格者や民間企業経験者などで構成されるスタッフが、相談業務や課外講座の企画実施を通して、学生の進路・就職を支援しています。

  1. ヘボン・キャリアデザイン・プログラム
  2. 資格・公務員・語学関係の課外講座
  3. キャリアガイダンス ~1年次から段階的に~
  4. 就職支援 ~プログラム、エキスパート、システムによる立体的支援~
  5. 教育キャリア支援課 ~教職を志す学生を専門的にサポート~

1. ヘボン・キャリアデザイン・プログラム

学生の自己理解、キャリアデザイン、職業への接続に資する科目を体系的に提供することを目的とし、2013年度より全学部共通科目として設けられたのが「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」です。受け身ではなく主体的な姿勢で学ぶ、あるいは、社会との接点で、体験を通して学ぶ、あるいは、少人数で議論を通じて学ぶ科目で構成されています。「主体性と協調性、コミュニケーション力」「論理的思考と表現力」「社会的課題の発見・解決能力および職業意識」を育成します。

科目等の詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.meijigakuin.ac.jp/office/career/support/career_design_program.html

<ライフデザイン講座>

ライフデザイン講座は、「明治学院共通科目」として開講している全学部共通の授業科目のうちのカテゴリー「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」のひとつとして開講されています。1年次に学ぶ「ライフデザイン講座1」では、(1)個人ワーク・グループワークを通じて、様々な側面から大学生活の目標を明確にする。(2)読解力を中心に、自分の将来のための基礎学力向上手法を身に付ける。の2つを学び、2年次に学ぶ「ライフデザイン講座2」では、(1)コミュニケーショントレーニングや社会分析を通じて、自分と他者及び社会とのつながりを理解し、将来の具体的な目標を明確にする。 (2)数理能力を中心に、自分の将来のための基礎学力向上手法を身に付ける。の2つを学びます。これらを通して、社会人として必要な基礎的能力を養いつつ、将来の進路・職業選択の準備をします。
3年次以上が学べる「ライフデザイン講座3」「同4」では、企業のCSRや、企業が他のセクターと連携してどのように社会的課題に挑戦しているか等をテーマに、日本を代表する企業や政府機関、NGOなどの担当者が授業を行ったり、学生がグループワークやプレゼンテーションに挑戦したりしています。

2. 資格・公務員・語学関係の課外講座

3. キャリアガイダンス ~1年次から段階的に~

1年次のテーマ
(1)大学生活への定着と目標設定
(2)自己理解

<進路オリエンテーション>

入学時に行われる各種オリエンテーションの一環としてキャリアセンタースタッフがスピーカーとなって実施しています。テーマは「学生生活が充実している人は、進路決定や社会人生活も充実する可能性が高い」ということ。つまり、大学生活と、その先の進路・就職は別なものではなく、つながっているのです。卒業生のインタビューをまとめた冊子「ADVICE from OB&OG」も配布し、先輩たちからも学生生活と進路・就職へのアドバイスを送ります。

<新入生のための就職ガイダンス>

1年生の春学期に実施している、学生のキャリア形成を支援するガイダンスです。「リクルート進学ネット」でコラム「ポンタの進学ゼミナール」を連載しているPONTAこと本田勝裕氏を例年講師に招いています。2011年のテーマは「フツー人から、背伸ビストへ」。大学での学び、クラブ・サークル、アルバイト・ボランティア・留学、遊びに至るまで、大学生活全般への具体的アドバイスを通して、「背伸びドキドキには、 背伸びワクワクがついてくる」ことをガイダンスします。
2年次のテーマ
(1)大学生活の振り返りと新たな目標設定
(2)進路への接続

<2年生のための就職ガイダンス>

大学生活の振り返りと新たな目標設定、進路への接続、基礎力養成などをテーマとするキャリアガイダンスです。

<進路別ガイダンス>

主として2年次を対象に、進路ごとに実施するガイダンスです。
  • 大学院
    大学院進学ガイダンス(大学院事務室・キャリアセンター共催 全学年対象)
  • 教員
    教職キャリアガイダンス(教育キャリア支援課主催 1~2年対象)
  • 公務員
    公務員行政職・警察官ガイダンス、公務員福祉職ガイダンス、公務員心理職ガイダンス(キャリアセンター主催 1~3年次対象)
  • 企業
    民間企業就職ガイダンス(キャリアセンター主催 1~2年次対象)、エアライン就職ガイダンス(キャリアセンター主催、1~3年次対象) 福祉の就職ガイダンス、Uターン就職ガイダンス(キャリアセンター主催、3年次対象)

<仕事発見プログラム>

キャリアセンターが2009年夏から取り組んでいる、学内で行うインターンシッププログラムです。企業とプログラムの共同開発・実施を行うことを通してキャリア情報の収集・整理ができる学生を育成します。同時に1~3年次混合の小集団によるグループワークを通して社会人基礎力の養成を図ります。
2012年度には、アパレル企業・アイア株式会社、飲食店のインターネット検索サービスで知られる株式会社ぐるなび、人材総合サービスの株式会社パソナと協働し4回にわたる集中プログラムを実施、計70名の1、2、3年生が参加しました。

<MGキャリア講座>

2013年度から始まる、1~3年次を対象とした、キャリアデザインクラス、CSRインターンシップクラス、模擬就職活動クラスの3クラスで構成するキャリアセンター主催の課外講座です。キャリアデザインクラスでは学生が主体的にキャリア情報を探索し整理・吟味するプロセスをキャリアコンサルタントが指導・支援していきます。CSRインターンシップクラスでは、企業のCSRを題材に、学生の問題解決力を養成します。また模擬就職活動クラスでは、学生が就職活動を模擬体験しながら、「自分」「就職」「社会人になること」と向き合っていくプロセスを支援します。

4. 就職支援 ~プログラム、エキスパート、システムによる立体的支援~

~Programs~

<ヘボン・キャリア・プロジェクト>

広告・メディア、エアライン、ホテルの3分野に将来の夢を持つ学生の就職活動を支援するキャリアセンター主催の課外講座がヘボン・キャリア・プロジェクトです。2008年夏にスタートし、2012年度は3年生155名が受講しています。2012年度に就職活動を行った、当プロジェクトを受講した4年生は下記の内定実績を残しています。(2013年2月現在)

広告・マスコミ オプト、大広、ディップ、エン・ジャパン、四季、NHK、幻冬舎メディアコンサルティング、小学館集英社プロダクション 他
エアライン 日本航空(客室乗務員)、JALスカイ(グランドスタッフ)、ジャルエクスプレス(客室乗務員)他
ホテル 京王プラザホテル、東京ドームホテル、山万ウィシュトンホテル 他
メーカー、商社、流通、金融他 ロッテ、キユーピー、パラマウントベッド、大和ハウス工業、住友不動産販売、セブン-イレブン・ジャパン、みずほフィナンシャルグループ、横浜銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、千葉銀行、JR東日本、日本弁護士連合会 他


<就活ステップアップ講座>

「自己分析と業界・企業研究」「エントリーシート」「グループディスカッション」「面接」「就職活動マナー」の5つをテーマに行うキャリアセンター主催の就職活動支援講座です。企業人事経験者、GCDF-JAPANキャリアカウンセラー、キャリアデベロップメントアドバイザー(CDA)、2級キャリアコンサルティング技能士などが講師を担当しています。2012年度は11クラスが設けられ、6~8コマ完結の連続セミナーを実施し、3年生450名が受講しました。講座終了後は担当講師が模擬面接を実施し、個別指導も行っています。

~Expert~

<専門的相談員>

2009年度より、キャリアセンターにキャリアカウンセラー有資格者の「専門的相談員」が配置され、就職・進路にかんする相談、応募書類のチェック、面接トレーニング、4年生の就職活動継続学生への年間のべ数千件にのぼる電話での「声かけ」支援といった活動を実施しています。

<4年生就職コーディネーター>

キャリアセンターでは、2008年秋のリーマン・ショック以降生じた就職難に対応し、4年生の就職活動継続学生支援強化に取り組んできました。学内での就職説明会や、就職活動継続学生への年間のべ数千件にのぼる電話での「声かけ」支援、スタッフによる就職紹介、ハローワークや民間事業者と連携しての就職紹介面談会や就職相談会などを行っています。2012年度からは企業人事経験とキャリアカウンセラーとしての実績を豊富に持つスタッフを「4年生就職コーディネーター」として配置し、就職紹介の取り組みをさらに強化しています。

~System~

<就職支援システム>

キャリアセンターには1学年3000人弱の明治学院大学生に対し、企業や福祉施設などから年間5000~6000件の求人申込があり、インターネットの「就職支援システム」で、学生に情報提供しています。

<明治学院大学卒業生就職支援室>

明治学院大学校友会の協力・支援のもとに、キャリアセンターが大学側の担当部署となって株式会社パソナと連携し、2009年8月3日(月)より東京大手町・パソナグループ本部内に若年層を対象とした「明治学院大学卒業生就職支援室」を開設しました。明治学院大学の学部卒業生、大学院修了生の就職・転職支援を目的に、キャリアカウンセリングや履歴書・職務経歴書の添削、アドバイス、面接対策講座、マナー研修の受講、就職情報の提供などに取り組んでいます。

5. 教育キャリア支援課 ~教職を志す学生を専門的にサポート~

本学では幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校教員をめざす学生の支援を強化しています。白金キャンパス13号館に「キャリアセンター教育キャリア支援課」を設置し、教員を志す学生に対し、1~4年次のそれぞれのステップにおいて、キャリア形成を促すさまざまな講座やガイダンス、各種対策講座を実施し、教員採用試験合格に向けたサポートを行っています。

<教職キャリアアドバイザー制度>

先生になるためのキャリア形成および就職をサポートするスタッフとして、教育現場を熟知している校長や教育委員会での実務などの豊富な現場経験を持つ専門の「教職キャリアアドバイザー」を教育キャリア支援課に配置し、学生に対してきめこまやかに、経験に基づいた実践的指導を行っています。

<教員採用試験対策講座・ガイダンス>

1年次から受講できる教員採用試験対策の課外講座や教員採用試験対策模試などを開催しています。

  • 主に1、2年生対象
    教職キャリアガイダンス、教職インターンシップ説明会、教育現場を知る講座、基礎を固める学習法講座など
  • 主に3、4年生対象

    各自治体教育委員会による採用説明会、教職インターンシップ説明会、私立学校の教員をめざす学生のための説明会、論作文講座、面接対策講座、戦略的学習法講座、夏期講座、秋学期講座、直前講座、合格者に学ぶ講座、直前講座など

<教員採用試験に関する資料の充実>

教員採用試験に関する各種資料を取り揃え、閲覧や貸し出しにより教員をめざす学生の情報収集をサポートしています。

キャリアセンターの講座等の詳細(在学生向け)

キャリアセンター主催の講座等の在学生の方々向けの情報は、Port Hepburnにて公開しています。 なお、Port Hepburnの使用方法等のお問い合わせは情報センターまで。