2006年度韓国から平和を考える旅

セムナン教会の長老さんのお宅で食事をしました。
セムナン教会に通う若者も集まり、日本語、韓国語、英語など
さまざまな言語がとびかっていました。
焼肉を食べに行きました。
国境地帯から無事戻り、ほっと一息ついた食事です。
脱北者の方が北朝鮮の歴史や現状についてお話してくれました。
ポプラの木事件(斧事件)の現場。
奥に見えるのが、”帰らずの橋”と呼ばれる、北朝鮮と韓国を結ぶ橋。
セムナン教会の牧師、長老、北川牧師、司馬先生、学生たちとの集合写真
セムナン教会長老さんのお宅で皆でピアノを囲んで歌をうたいました。
セムナン教会の若者たちは日本語の歌を、
私たちは韓国語の歌をうたいました。