~鈴木優人オルガンリサイタル~

鈴木優人 オルガンリサイタル
2008年度3月15日(土)14:00~15:20 明治学院大学横浜校舎チャペル

<プロフィール>

1981年オランダ・デンハーグ生まれ。幼少より両親に音楽の手ほどきを受ける。東京藝術大学作曲科と同大学院古楽科を経て、オランダ・ハーグ王立音楽院修士課程オルガン専攻を首席で修了。現在同音楽院即興演奏科修士課程およびアムステルダム音楽院チェンバロ科専攻に在籍。2007年オランダ即興コンクール入選。これまでにピアノを木村徹、加藤智子、コンラート・リヒター、スタンリー・ホッホランドの各氏に、チェンバロをボブ・ファン・アスペレン氏に、オルガンをヨス・ファン・デル・コーイ、鈴木雅明、早島万紀子、内海恵子の各氏に、作曲を永冨正之・尾高惇忠・青島広志の各氏に、指揮を北原幸男の各氏に師事。コンサートマスターの山口幸恵とともに「アンサンブル・ジェネシス」を主宰し、オリジナル楽器を用いてバロックから現代音楽までの意欲的なプログラムを国内外で展開する。トッパンホールのランチタイムコンサート、東京オペラシティの「B→C」(本年5月13日)など独奏者として活躍するほか、バッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして定期演奏会および海外ツアーに参加。また蜷川幸男演出歌舞伎座公演にチェンバロで出演するなど他のジャンルとの交流にも積極的で、本年3月28日にもトッパンホールにて朗読と映像を取り入れたブラームスの「美しきマゲローネの物語」公演を予定している。日本基督改革派東京恩寵教会、デン・ハーグ市ネボ教会でオルガニストを務めるほか、教会オルガニストのための講習会やレッスンも各地で精力的に行う。

♪プログラム♪
バッハ:ファンタジアとフーガ ハ短調BWV537
バッハ:「クラヴィーア練習曲集第3巻(オルガン・ミサ)より「これぞ聖なる十戒」BWV678
バッハ:同「天にましますわれらの父よ」BWV682
リスト:バッハのカンタータ「泣き、嘆き、憂い、怯え」による前奏曲(ヴィンターベルガー版)
バッハ:コラールパルティータ「恵み深きイエスを迎えよ」より抜粋
バッハ:「ライプツィヒ・コラール」よりトリオ「主、イエス・キリストわれらを守りたもう」BWV682
メンデルスゾーン:ソナタ第6番

*入場無料*

-お車でのご来校はご遠慮ください-


*主催:明治学院大学宗教部
*お問い合わせ先:045-863-2016
*E-mail:shukyoy@mguad.meijigakuin.ac.jp