明治学院大学におけるセクシュアル・ハラスメントに関する指針

明治学院大学は、人権を侵害し適切な教育・研究・就労環境の形成を阻害するものとして、大学における学生および教職員へのセクシュアル・ハラスメント(性的いやがらせ)に対して厳しい姿勢で臨むことを明らかにし、以下の指針を定めます。

1.セクシュアル・ハラスメントとは

  1. 「大学におけるセクシュアル・ハラスメント」とは、就学上・職務上の関係を利用して行われる、以下の行為のことです。
    以下のような言動をうけた側が、危機感や不快感を覚えれば、すべてセクシュアル・ハラスメントとなります。
  2. (1)代償・対価型

    1. 相手の意思に反して性的要求をし、それに対する反応を理由として就学上・職務上の利益または不利益を与えること。
    2. 【例】

      • 講義後教室に残って質問するうちに教員が近づいてきて、肩を抱いてきた。かわしたら急に機嫌が悪くなり、教室から出ていってしまった。欠席は1回だけでテストもできたのに、成績はDがついた。
      • ゼミでカラオケに行ったとき、教員とデュエットさせられた。いやだったので以後飲み会に参加しなかったら、「社会性がない人には指導できない」と言われて卒論指導をしてもらえなくなった。
      • クラブ活動の先輩が交際を申し込んできたけれど断ったら、「あいつは遊んでいる」などと噂を立てられ、クラブ活動に出づらくなってしまった。
    3. 就学上・職務上の利益または不利益をほのめかして、性的な誘いかけをしたり、性的な言動を相手に要求したりすること。

      【例】

      • 講義のあと教員に呼び止められ、「このままでは単位が危ない」と知らされた後、「二人で旅行に行こう」と言われた。
      • 「契約期間がもうすぐ終わるので新しい職を探している」ことを上司に話したら、「良い所を紹介する」と上司が言い、さらに「君の人柄を知る必要がある」という理由で恋人の有無など仕事に関係のないことをしつこく聞いてきた。

    (2)環境型

    性的な言動,図画・文書の提示・掲示などをすることによって、相手に不快感を与えること、あるいは、相手の人柄や個人としての尊厳を傷つけること。

    【例】

    • 部室のロッカーにはヌードポスターが何枚もはってあって、どうしても目に入るたび恥ずかしい思いをする。
    • 上司が、他の女性職員は姓で呼ぶのに、自分のことだけを「○○ちゃん」と名前で呼んでいろいろ話しかけてくる。特別扱いはいやだし、気持ちが悪い。
    • 講義中の雑談は、猥談がほとんど。何のために講義を受けているのかわからなくなるし不愉快。
  3. 「学生」とは、留学生・科目等履修生を含めた学部学生・大学院生、研究生など、明治学院大学で教育を受けるあらゆる人物をさします。「教職員」とは、常勤・非常勤を問わず、明治学院大学に勤務するあらゆる人物をさします。
  4. 明治学院大学に在籍する教職員と学生のあいだ、教職員同士のあいだ、および明治学院大学の学生同士のあいだには、「就学上の関係」、「職務上の関係」が常に存在するものとみなします。これは、正課の授業中の大学構内にとどまるものではなく、課外活動や学外を含む、あらゆる場合に適用されます。



明治学院大学におけるセクシュアル・ハラスメントに関する指針

  1. セクシュアル・ハラスメントとは
  2. セクシュアル・ハラスメントを受けていると思ったら・・・
  3. セクシュアル・ハラスメントをなくすために
  4. 責任の所在


Back