昇格へ向けて頑張っています!

リーグ戦2007 入れ替え戦

入れ替え戦(vs創価大学)の試合レポートです。

とうとうこの日が訪れました。
準備できる事は全て終わった。
あとはお互いを信じて、力を出し尽くすのみ・・・。


スタンドには、SAINTS FAMILYが溢れていました。
あらためて応援してくださっている方々のありがたみを感じます。


11時試合開始。
SAINTS#13 河村(1年)のキックでスタートします。
創価大、自陣30ヤード地点からのオフェンスシリーズ。
QB#11 一柳の23ヤードランから始まり、続けてダウン更新。
SAINTS陣30ヤード地点でのギャンブルも成功させます。
創価大の10ヤード罰退の反則により、流れを断ち切り4 th Down 4からのギャンブルも不成功となりますが、出だしをくじかれたことは否めません。
SAINTSのオフェンス。
ファーストプレイは、QB#18 黒崎(4年)からTE#47 西川(4年)への16ヤードパス。
続いてWR#8 小澤(3年)も成功させます。
3rd Downの攻撃、ハンドオフの失敗によりファンブルされたボールを創価大が押さえ、ターンオーバーとなります。
しかし、創価大オフェンスはチャンスを活かしきれず、続くSAINTSもダウン更新とならず、両者パントで終わります。
なかなかSAINTS陣内を抜け出すことが出来ず、創価大の攻撃になります。
SAINTSディフェンスは創価大RBに翻弄されたまま、第1Qが終了します。


第2Q開始。
どうにかTDは免れますが22ヤード地点からのフィールドゴールトライ。
ここでSAINTSのタイムアウトを取ります。
タイムアウトを知らせる笛と同時に蹴られたボールは、きれいにHポールを越えており、スタンドからは安堵の声が漏れました。
タイムアウト後、再び蹴られたボールはバーに直撃。ベンチからのフォローにより、先制の危機は逃れられました。
SAINTSのオフェンスに変わり、反撃を開始します。
前節から復帰した、RB#31 松本(3年)が22ヤードのスクリーンプレーを成功させ、オフェンスを引っ張ります。
このシリーズ得点ならずも、フィールドポジションの回復につながり、次のオフェンスシリーズ。
あわやファンブルロストかという場面もありましたが、バックス陣がカバーをし合い、創価大陣9ヤードまで侵入します。
ここで痛恨の反則で5ヤード罰退。このピンチを救ったのは、WR#82 山口(1年)。
パスも成功しインターフェアの反則ももらったため、オートマッチックファーストダウンとなります。
再び、エンドゾーンまで残り7ヤード地点から攻撃を開始します。
RB#5 深澤(3年)と松本が突破を試みますが、不成功に終わり
4 th Downは初戦から安定したキックを見せる深澤が決め先制点とします。
前半終了時点で、SAINTS3点のリード。


後半開始。
創価大のキックオフを#8 小澤が15ヤードリターンし、自陣43ヤード地点からSAINTSのオフェンスはスタートします。
RB松本の中央突破にRB#21 乗松(1年)も続きファーストダウン獲得。
TE西川もこの日5本目のパスキャッチを決めスタンドを沸かせます。
しかしディレイの反則、そしてインターセプトと波に乗ることはできずにディフェンスに思いを託します。
創価大のオフェンス、RB#9 岡部に1度はファーストダウンを許しましたがパントに押さえます。
ここからSAINTS怒涛の攻撃がスタートします。
RB松本・WR小澤・TE西川を中心に、テンポよくダウンを更新していき、ゴール前5ヤードに進みます。
本日2回目となるディレイが発生しましたが、最後はWR#10 吉岡(3年)にTDパスが渡ります。
割れんばかりの歓声の中、TFPも成功し10-0とリードを広げます。


第4Q開始。
SAINTSディフェンス陣の粘りにより、創価大のファンブルを誘いました。
これをDB松本が拾い、敵陣15ヤード地点まで持ち込みます。
好ポジションからスタートしたオフェンスシリーズ、ここでも松本の活躍で6ヤードまで迫りますがTDには一歩及ばず。
K深澤がFGを成功させ3点追加します。13-0。
スタンドから、ディフェンスへの掛け声が一段と大きくなる中
創価大のオフェンスが始まります。
WR#25 繁田へのショートパス、RB岡部・伊藤のランによりギャンブルも成功します。
あっという間に自陣に攻め込まれてしまい、失点が頭をよぎったその時
ビッグプレーが生まれます。
亜細亜・高千穂・城西とインターセプトを成功させていたDB河村が復活!SAINTSに最後のオフェンスをプレゼントします。
全員の目がゲームクロックへと向けられます。
残り時間は3分。
ランプレーで時間を使いながら徐々に攻めていきます。
ここでも1年生に助けられ、ファーストダウン獲得。
あと2分。
RB松本がキャリアとなり、着実に進んでいきます。
あと1回ファーストダウンの獲得によりSAINTSの勝利は現実のものとなります。
全員が食い入るように見つめる中、最後も松本が粘り12ヤードゲイン成功。
残りはニーダウンで時間を進め、試合終了。


監督の胴上げが行われ、2部復帰の喜びを全員で噛み締めました。


本当に多くのご声援ありがとうございました。


来年は1部昇格を目指しますので、これからもSAINTSをよろしくお願い致します。